Entry

電撃文庫ムービーフェスティバル

電撃文庫ムービーフェスティバル

電撃文庫作品「灼眼のシャナ」「キノの旅」「いぬかみっ!」の3作品劇場版を見に行った。まぁネタになればいいなぁ、程度の気持ちで池袋まで。ちなみに、3作品ともTVアニメは見た。

灼眼のシャナは総集編仕立てだったので内容に関しては今ひとつといった感じ。見たはずのTVシリーズの内容をあんまり覚えてないので何とも言えないのだけど、後半は結構オリジナル作画だったような気がする。多分。
改めて見直してみても、悠二の主張や根拠がまるで無根拠なものばかりで、何故そんな必死に主張できるのかがあんまり伝わってこないどころか、どこか見ていて痛々しい。結果として悠二の言ってきた事にシャナが突き動かされたりしたわけだけど、それでいいのかという気もする。TVシリーズ見た時とまんま同じ事思ってたよ。
どっちかと言えば、シャナが吉田さんといがみ合ってるような場面の方が面白かったんだけど、さすがに劇場版の尺でそこまで要求するのは無理か。
まー総集編だし、こんなもんじゃないかと。

次は「キノの旅」。この作品だけTVアニメが結構前なんだよね。しかもWOWOWの夕方というマイナー枠だ。丁度このサイトを始めた頃に放送していたので、2003年という事になる。自分は「スクラップド・プリンセス」共々かなり楽しんで見ていた。そういや最近、東京MXでコロシアム前後編及び劇場1作目を再放送してたなぁ。
今回の話は、「キノの旅」のエピソードによく見られる偏向した世界で描かれる皮肉めいた要素成分がちょっと足りなかったように感じる。もう少し面白い捻りが利いてると思ったら、結末は予想をそれほど外れるものではなかった点が残念。というか、何か別のエピソードの焼き直しみたいだ。もう少し風刺的な内容が込められていると面白かったんだけど…。
エルメスに乗るキノを正面から描いたシーンは、エルメスの動きとか背景がぐんぐん遠ざかる様子のCGが良い感じの出来だったと思った。この辺は劇場版ならではの良さかなぁ、と。

「いぬかみっ!」。今回はこれが一番面白かったかな(笑)。
劇場でありながら、変に気張らずあくまでもこの作品の持ち味であるギャグを前面に押し出してきた点は、個人的に好感が持てた。こちらも気張らずに肩の力を抜いて楽しめたわ。劇場の大画面と作画を使って思いっきり馬鹿アニメを見るなんて、なんて贅沢なんだろう。
「変態」をテーマ(?)にした本作は、最初から最後までいぬかみっ!」独特のアホなギャグとパロディを散りばめたような馬鹿馬鹿しい内容で、劇場内では観客の笑い声がよく響いてたのが印象的。こんな映画は初めてなもんで。一番笑い声が響いていたのは、やっぱり「がっしんせよ!」の辺りかなぁ(笑)。「グラヴィオン」なんてあそこで見ていた何割ぐらいの人が分かるんだろう。でもこの合体シーンを見るに、活字で表すと「合神せよ!」ではなくて「合身せよ!」になるんだろうか。あとは、内容ではなく最後のスタッフロールにおいて、キャストの部分で「速水奨」の名前がズラッと並んでいた辺りがかなり受けてたような気がする(笑)。
まぁそんな感じで結構楽しめた作品だったな、と。少なくとも自分は、この作品が前より少し好きになれた。でも、「シャナ」と「キノ」をメインに据えた映画のCMはあったのに、「いぬかみっ!」による映画宣伝が見られなかったところを見ると、この作品はあくまでも同時上映作品という位置付けなんだろうね。まぁこれがメインでも少々困るので、位置付けとしてはそれで正解だと思います(笑)。
どーでもいいけど、EDの「大変!大変!大変と」というフレーズはやっぱり「変態」に引っかけてるのだろうか…と、この作品を見て思った。

あとは、冒頭のキャラクター同士によるショートアニメが割と面白かったです。

まぁそんなこんなで、電撃映画は物足りなかったり楽しめたり。全体的にはそんなに悪くなかったかな、と。

余談だけど、映画が始まる前に挿入された「スピンオフ L」の宣伝で、「2007年 夏 撮影開始」と出たときに劇場で笑いが出たのは、この場所ならではの現象なのかもしれない。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。