Entry

東京国際アニメフェア 2007

東京国際アニメフェア2007

3月24日に「FALCOM LIVE 2007」行く前に、ちょっとビッグサイトに寄って「東京国際アニメフェア2007」とやらに行ってみた。とはいえ、府中(山手線の西)→ビッグサイト(山手線の東)→渋谷(山手線)というルートなので、ちょっと寄ると言うにはやや遠回り。

しかし、別に見たい物や買いたい物があったわけでもないので、あちこちブラブラ巡っただけ。あちこちで声優トークショウとかやってた様子だけど、全くのスルー。新しいアニメ作品に関しても、何が新しい情報なのかがさっぱり分からないので、「へー、こんなのやるのか」程度。
じゃあ何しに行ったのかと問われると困る。それこそ、ただ何となく見物のつもりで行ってみた程度なので。ただ、いくつか映像を見ていく中で、「電脳コイル」がちょっと面白そうだなぁ、とは思った。絵柄が割と好みなので気になってはいるのだけど、プロモーション映像を見た感じでは、結構面白そうな雰囲気。今から楽しみにしている。
あとは、GONZO作品が見られる事を多少期待していたんだけど、会場ではさっぱり見られなかったなぁ。GONZO FESTA 2007 SPRINGの方にかかりきりなんだろうか。

会場での収穫と言えば、その「電脳コイル」のプロモーション映像が見られた事と、海外のアニメ・漫画関連の業者と思しきブースで買った「Kana De Manga Japanese Sound Fx!」という、日本漫画の擬音語・擬態語(オノマトペ)の意味を英語圏の人に解説する本。もちろん内容は英語。「あー、こういう風に解説するんだ」という感じで面白い。価格が1000円とちょとと高いけど、なかなかに面白いので悪くない買い物だったと思ってる。本当は、漫画キャラクターの表情や記号で表現される感情を解説する本もあったのでこちらが欲しかったのだけど、こっちは1500円だったのでちょっと敬遠してしまった(笑)。
でも、北米ではこれぐらいの価格で単行本が売られている事を考えると、まぁ妥当な価格なんだろうなぁ。というか、購入した本は元の価格が9.99ドルだし、現在Amazonで1,426円で売られている点を見ると、これでも特別価格なんだろう。多分。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。