Entry

日本アニメに対してハリウッドが興味を示す理由は

それは多分、ネタ切れだと思います。

ITmedia News:「日本アニメの実写映画化」にハリウッドが興味を示す理由

記事中に書かれている内容について。

 なぜ、ハリウッドは日本のマンガに注目するのだろうか。非常に基本的な部分として、原作が面白いから……という理由があることは間違いない。ハリウッドは前述のとおり、常に面白いテーマ・ストーリーがないか探している状況にある。

 だがそれ以外の理由として白田さんが指摘するのは、日本市場のおいしさだ。「映画産業的に見ると、日本は米国と同様に大きな、見逃せない市場。米国と日本の両方でヒットを飛ばすことができれば、興行成績も満足のいくものになる」

 例えばマンガではないが、トム・クルーズ主演の映画「ラストサムライ」は全米で1億ドルを超える収入があった上、日本でも100億円を超える興行収入を稼いだ。「最近でいうと『硫黄島からの手紙』もそうだと思うが、日本と米国の両方の市場を狙えるというのは重要だ」(白田氏)

 この観点でいうと、日本アニメの実写映画となれば、日本で多少なりと話題になることは間違いない。その上、日本のマンガ・アニメは欧州でも人気がある。アメリカのみならず、上手くすれば世界の市場を狙えることになる。この点でジャパニーズ・コミックの映画化は旨みが大きいのだという。

より集客が見込め、高い利益の得られると予想される「安全パイ」を先物買いする…と言えば聞こえは良いけど、要はネタ切れでしょう?と思ってしまうのは、少し前に「ターミネーター」の3作目を作ったり、最近になって「ダイハード」の4作目を作ったりしている実情を見ているから。

日本においても、主要な作品はあらかたアニメ化し尽くしてしまったという話をよく聞くけど、その変はどこも同じなんだろうか。
しかしその一方で、日本アニメにおいては「コードギアス 反逆のルルーシュ」のようにオリジナル作品でもバカ売れする作品が登場したりする辺りを見ると、弾切れとか言う前に弾作る気見せてくれ、とも思う。

どうでもいいけど、今一瞬「コードギアス 反逆のルルーシュ」をハリウッドで映画化する事を妄想した。…ロボやら学園やら登場する辺りに、えらく混沌とした実写作品になりそうだなぁ、と思いましたとさ。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。