Entry

最近のSDカードの値下がりようは酷い

ついに2GBのSD、miniSDカードが2000円割れ – GIGAZINE
NAND型、スポット価格の下落加速――需要低迷が響く ビジネス-最新ニュース:IT-PLUS
メモリーカードの価格下落はどこまで続くの – [デジタルカメラ]All About

ここのところSDカードの価格がどんどん下落して、今では2GBで2000円とか、何やらとんでもない価格になっているそうで。少し前まで、10円/MBぐらいだったような記憶があるんだけど・・・。消費者としては嬉しい限りだけど、ここまで暴落してしまうと逆に何だか心配になってしまう。
この原因は、需要の低迷に対して生産量が増大しているためだそうで。
多値化(MLC – Multi Level Cell)技術に優れてた東芝はさらに大容量のSDカードを生産する用意がある様子だけど、他の企業はこの値下がりに対抗する手段があるのかどうか。ここまで価格が下落したら半導体メーカーはたまったもんじゃないだろうなぁ。

関連

スラッシュドット ジャパン | NAND型フラッシュメモリの特許侵害で ITCが調査開始
楽韓Web – 逆襲の日本企業01 NANDフラッシュ市場を食らいつくせ!

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。