Entry

ドラえもん最終回と小学館の対応

J-CAST ニュース : 「ドラえもん」パロディー本 「大ヒット」で困った事態

漫画で読む「ドラえもん最終回」の同人誌が売れすぎて、小学館が販売中止を求めたという話。小学館曰く、「今後、著作権侵害については、厳格に対処していきます」 とのこと。

まー、小学館の言う事ももっともな話だと思う。いくら何でも1万5,500部という数字は、目をつぶるには大きすぎる。
こういったニュースを見ると、最近はかなり二次創作における著作権の問題が表面化してきている事を感じるけど、個人的にはこういったパロディ作品が発表出来る場としてのコミケの存在は続いていってほしいなぁ、と思う。著作権上ではかなりアウトに近い存在ではあるのは分かるけど、色んな人が好きな作品を思い思いの形で描いた物が、個人的にとても好きなもので。それを無くしてもらいたくはない。
この「ドラえもん最終回」は自分も大変優れた作品だと思うけど、公式に出てくる事は絶対にない。そういった作品を発表して楽しむ場がある事は、とても好ましいと思っている。
コミケで商業主義が横行している点はあまり好ましいとは思ってないけど、かといって二次創作全てを否定してもらいたくないなぁ、と思う次第。
ここで書いた事が、あくまでも「自分が楽しみたいから」という利己的な観点である自覚はある。でも、ファンの需要を満たす環境を壊す事が本当に良い方向に転ぶかどうか…。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。