Entry

アニメ新番組あれこれ 2007年1月 その3

毎日23時まで仕事とかダルい。土曜日も。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!ufotable最新作。「コヨーテ・ラグタイムショー」と同様に、原作はufotable自身となっており、漫画作品が先行して雑誌で連載されている。この制作会社のアニメ作品はEDがクレイアニメだからすぐ分かる(笑)。しかし脚本に少々難がある作品が多いので、「ufotableのアニメは1話だけ見ればいい」などと揶揄される事をしばしば見かける事は、その特徴による印象付けが仇となっているような気もする。

1話を見た時は、どうにも「萌えキャラ出して、変な台詞言わせていればいいんだろう」という印象が強くて、そのおかげであまり好きになれなかったのだけど、2話に関しては、キャラクターが徐々に仲良くなっていく様子といった「成長」が感じられたこと、生徒会室を片付ける過程を結構面白く描いていた事で、ちょっと好印象を持つ事が出来た。
ただ、主人公のまなみがどうしたあそあこまで学校に対して積極的に働きかけているのか、それが分からない点が今ひとつ。作品の方向性を見る限りでは、今後もその理由を描いてくれる気がしない…。
設定の少子化云々は今のところあまり関係ないなぁ。それを今後きちんと活かしてくれるのかどうかも気になるところ。

恋する天使アンジェリーク ~心のめざめる時~

新作かと思ったらどうやら2期らしい。1期も途中で脱落したので、もうどうでもいいや。気になったら見る。
それにしても、あの既存のキャラクターとは別に、新しい守護星キャラクターを出すのか…。物凄いハーレムアニメだなー、と思った(笑)。

Master of Epic

Master of Epic第一印象は、「うわ、何だこのアニメ」…と。今までに感じた事のない感覚を味わった。

あと、あのよく書店で見かける「コミックアンソロジー」の類と同じような臭いを感じた。でもアレは基本的に同人誌と同種の代物で、作品を楽しんだ人が買う物だけど(作家買いする人もいるんだろうけど)、それはコストが低く安価な書籍媒体で、一定の固定客を見込める事が前提となっているからこそ成り立つ商売なのだと、今までずっと思ってたんだけど。
この作品は恐らく(というか間違いなく)、「Master of Epic」というオンラインゲームの宣伝としての作品なのだろうけど、いきなりアンソロジーを見せられても…という気はする。まぁ確かに「ああ、このゲームにはこんな機能があるのね」といった紹介にはなるけど、それはテレビで何話もかけてやる事なんだろうか…と。深夜アニメ商法の「DVDで利益を出す」という事に関してはあまり期待していないのだろうか?まぁ確かに、GONZOはDVD収益が落ち込んで厳しいんだろうけど、オンラインゲームで巻き返せるのかと考えると、それはそれで相当険しい茨の道を歩んでる気がする。

内容的には、ゲームやってる人前提で笑いをとろうとしているらしい内容がかなりあるので、どうにもイマイチ乗れない。見る方に何かと笑いのコツや知識を要求するアニメだ。
作品を見る限り、色んな人がネタを考えてそれぞれを独立した作品として毎回10前後披露するという、正にコミックアンソロジー/同人誌のような物のようで。面白いのもあればつまらない物もあり、内容は千差万別。そういう作りはそういう作りでいいような気もするけど、やっぱり内容的には個人的にイマイチ。わらげとか何の事か分からないって。

SHUFFLE! MEMORIES

WOWOWで見たからもういいです。

WOWOW放送の方のDVDは、確かオリコン初動が5000弱程度…だったかな。アニメDVD売り上げとしては中の上クラスの比較的高い数字を叩き出した。しかもDVDは2話6000円の強気価格で全12巻。角川作品は大抵この高い価格設定を打ち出してくるけど、この価格設定でそれだけ売れたのは、最近のアニメDVDの中では「かなり売れた」部類に入るんだろう。少なくとも自分は、その価格設定・2クール作品でそれだけ売れた作品はあんまり記憶にない。
それに角川の人が気をよくして今回の総集編に繋がっているのだろう、多分。
「涼宮ハルヒの憂鬱」「時をかける少女」とヒット作に恵まれた角川だけど、商売に関しては少々阿漕な面が目立つ。例えば、「時をかける少女」の通常版が5000円に対して限定版が1万円を超えていたり、「フルメタル・パニック! The Second Raid」は音声の5.1chサラウンド仕様が限定版のみ(しかも限定版は2話8000円超)だったり、その他諸々。
まぁ、「良い作品を作り出した事が、それを支払わせる価値を産みだした」と考えればいいのかもしれないけど、こうあからさまに「オタから搾り取ろう」という姿勢が見えてしまうとどうも…ね。

おお、気付いてみれば角川の文句しか書いてないな。
えーっと、この作品は髪の色でキャラクターが判別出来るので便利だなぁ(投げやり)。

PROJECT ARMS

PROJECT ARMS
東京MXで再放送。原作既読。
あー、懐かしいなぁ!これ見てた頃はあんまりアニメに傾倒してなくて(それどころか、サンデーすら全然読んだことなかった。この作品が読み始めるきっかけの一端)、「深夜に面白い物が放送されてるなー」ぐらいの気持ちで見てた。
久々に見たけど、やっぱり結構面白い。OP、ED見てたら懐かしくて胸が熱くなってきた。これ放送されたの2001年なんだな…。あの頃は何してたっけなぁ(遠い目)。…ゲームばっかりやって大学行くのが面倒になっていたような気がするな。

それにしてもこの作品、画面がやたら暗いので色々見にくくて判別しづらいのはどうしたもんか。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。