Entry

アルスラーン戦記 12巻 「暗黒神殿」

何やらいつの間にか出ていたということで買ってきたけど、実家に来てやる事がなくなったので、あっという間に読んでしまった。
10巻-11巻の間に比べて、11巻-12巻の間が短くてビックリだ。というか、11巻が出るのが遅すぎたというべきか。この作品に関しては、自分はもうかれこれ小学生ぐらいからの付き合いだと思ったけど、いったいいつ頃完結するんでしょうか…。そういや「ロードス島戦記」の方は完結したらしいのだけど、「伝説」以降全然読んでないから後で読んでおかなければ。

相変わらず各キャラクターの癖が強くて掛け合いの面白い作品だな、と。今回は特にダリューンとキシュワードの大人げないやりとりが何とも(笑)。
ただ、前巻同様にやはり昔のストーリーとかキャラクターとかいくつか忘れている箇所があるので、思い出しながら読み進めなければならないのが何とも歯がゆい。
今回はちょっと不穏な空気が強くなってきた点が気にかかる。特に、ある意味この作品の主人公でもあるナルサスの言動に不穏な傾向が見られるのが…。あと、エステルが大変な事になった点も気がかりだ。

この作品は、あと数巻で終わるような事がいつかの後書きに書かれていたような記憶があるのだけど、今のところそんな気配は微塵も感じないぐらい話が広がりっているような感じがする。この作品は一体どこに収束して、いつまで続くのやら…。
でも作品自体は面白いと思うので、再アニメ化ぐらいしてもいいんじゃね?とか思った。王都奪還ぐらいまで。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。