Entry

WikipediaをWikiと呼ぶのはやめてください

スラッシュドット ジャパン | Wikipedia は広告の為の場所ではありません

何でも、ImpressWatchの記事「ネットショップ&アフィリエイトのためのSEO対策」において、Wikipediaを宣伝及び検索エンジンの最適化の場として奨励している記事が上がっているそうな。
読んでみたけど、確かにこれはちょっといただけない。書いてある内容が、まるでその辺のコンビニに置いてある「xxxの裏技」とか書いてある雑誌の内容みたいだ。

何度でも言うけど、Wikipediaはあくまでも百科事典であって、宣伝の場でもなければ偏見や予測を披露する場でもない。事実その物を書くための場所。
でも最近は本当にしょうもない記事が多くなってきたな、と感じる。書かれている内容以前に、記事その物の存在が疑問に思えるような物も。ロクに構成も推敲もせずに編集されるから、「~の向きもある」「~と言われている」といった文章が延々と書き連ねてあるようなシロモノもあったり。どの記事が忘れたけど、それを実際に見たときは何か物凄い勢いで脱力したなぁ。何か事件(特にオタク関連)が起こったときに勃発する編集合戦も酷い。そういうのは2ちゃんねるで好き勝手やっててください。

確かに、誰でも書けて編集出来る百科事典を作るという理念その物は素晴らしいと思うし、賛同したい。ただ、こういった変な蟲が憑くようになってくると、さすがに考え物。
以前も書いたような気がするけど、自分の本音をハッキリ言ってしまえば、「馬鹿は書くな」と。

あと最近よく見かけるし、実際上記の記事でも用いられているのだけど、「Wikipedia」を「Wiki」と略すのはやめてください。どうかお願いですから。WikiはWikipediaで用いられているツール(の総称)であって、Wikipediaは決してWikiではないので。最近、まとめサイトで「○○ Wiki」と称したサイトをよく見るけど、ああいったサイトがWikipediaと混同されてしまいかねないのは、状況としてあまりよろしくない。また、混同されてしまう事でWikipedaの品質をも落としかねない。
どうしても略したいなら、せめて「ペ」までは入れてほしいね、「ぺ」までは。「ウィキペ」とか。あるいは、「ウィキッペ」とかでもいい、多分。そういや、Wikipediaの一部で公に用いられている「Wikipedia:ウィキペたん – Wikipedia」なるマスコットがあるそうで(笑)。

Wikiって略すな

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。