Entry

Microsoftの新しいキーボード&マウス、Wireless Entertainment Desktop 8000

残業疲れた…ので、とりあえず気になった記事を一個だけ。

Microsoft、“究極”のキーボードや4-in-1マウスなど新製品を一斉発表

何やらマイクロソフトが新しいキーボード&マウス「Wireless Entertainment Desktop 8000」を発表した模様。
これは…個人的に凄く気になるなぁ。自分はキーボードにやや拘りがあって、英語配列である事、無線である事、テンキーレスであること、といったキーボードを欲しがっている。今までもキーボードについて色々書いてきた。

Melog: Archives > Archive – Logitech Cordless Comfort Duo 購入
Melog: Archives > Archive – テンキーは左側に
Melog: Archives > Archive – 理想のキーボードは…

で、この発表されたキーボード、個人的な好みに割と近い。っていうか、他のキーボードに比べればかなり近い。まず、無線である事、テンキーレスであること、という点がクリアされている点が非常に良い。この2点をクリアするだけで、物凄い選択肢が限られてしまっているのが現状なので。
わざわざ無線にしてるのだからテンキー付けてキーボードをデカくしてほしくないし、テンキーがあるとホームポジションからマウスまでの手の移動距離が長くなってしまって使いにくいというのが持論。だから、今回のマイクロソフトのこのキーボードは、テンキーレスであるという点で非常に素晴らしい。問題は変な拡張キーがたくさん付いている点だけど…、まぁ右側ではなく左側にあるだけマシと考えよう。できれば全く無いのが理想なんだけど。あと、Home、Endらしきキーが見あたらない点も気になる…。まぁ自分はあまり使わないけど、やっぱりあると便利だよなぁ、あれ。というかそもそも、変態配列とまではいかないけど配列が微妙な感じもする。その辺をどうするのかは、詳細な情報が出ないと分からないな。
あとは、ハの字型であるという点が個人的には好感触。もうこのスタイルに慣れてしまったので、こちらの方が好ましい。

さて、気になる値段は249.95ドル。約3万円。でも、使い易ければ、それぐらい出してもいい。かなり本気で。

関連

Microsoft、無接点充電対応マウス付き“究極”キーボードを開発中か

追記

!–あれー?
よく考えてみれば、仮にマウスを1週間充電しなくても済むのなら、別に充電式でもいいんじゃないか?1週間充電を忘れなければいいだけの話で。それにこれ、充電はマウスをレシーバーの上に置くだけでいいらしいし。それに、少なくとも昔よりバッテリ性能の向上や省電力化が図られているわけだから、1週間どころか普通に1月ぐらい持つような気も。
なーんだ、じゃあ充電型の方がいいじゃないか。

さらに追記

–>

【速報】約3万円の高級キーボード&マウスや底面にまでボタンが付いたプレゼン用マウスなど一挙12製品をMSが発表
Microsoft Mouse and Keyboard Hardware – Keyboard Products
MS、Vista対応のキーボードとマウス「Wireless Entertainment Desktop」 (MYCOMジャーナル)

何か似たような製品で、「Wireless Entertainment Desktop 7000 」という下位モデルもあるそうな。USBポートやマウスの接触充電などが省かれているようだ。ただし、Bluetoothは健在。これで約18000円。
この価格差なら、7000の方がいいなぁ。邪魔そうなでかい充電パッドも無いみたいだし。っていうか、これ買う。今決めた。

さらに追記

勘違いしてたので訂正。
今まで、専用の充電機器が付いたマウス&キーボードって専用バッテリーとか使ってると思ってたんだけど、これバッテリーは普通の単三型ニッケル水素が使えるのね。普通の専用充電器付き製品もそうなのかな…。ちなみに、必要な電池の本数は、マウスが1本、キーボードが4本。
マウスの場合90分以内にフル充電らしいのだけど、そんな早く充電できるのか。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。