Entry

アニメ最終回あれこれ 2006年6月 その4

7月入ってから終了したアニメについて。WOWOW物二つ。

砂沙美魔法少女クラブ

一応全話見たけど…、結局最後までこの作品の対象がよく分からなかったなぁ。
一応「天地無用!」シリーズの一つ(いわゆるスピンオフ作品)という事になると思うんだけど、それにしては内容が妙に子供向けのような気もする。まぁ、テレビ東京夕方のアニメすら視聴率が取れなくなっているこのご時世、WOWOWの夕方にアニメを見るような子供が果たしてどれだけいるのかは疑問だけど。とはいえ、従来とは大きく異なるキャラクターデザインや、声優として子役を用いている辺り、従来の「天地無用!」ファンといったアニメ好きに向けているとも思えないなぁ。
どうやら2期がある事が前提となっていた様子だけど、2期は別に見なくてもいいかなぁ…と。

最近、1期と2期の間隔を開けて2クール分の放送をする放送形態(「ひまわりっ!」「BLACK LAGOON」など)が増えているのが気になる。詳しい事情は知らないけど、間隔を開ける事で品質の維持を図る、2期を新たに始める事で新規視聴者を確保しやすい、1期目のDVDの販売がちょうど終わる頃に2期が始まるので、2期以降に1期DVDの売り上げが見込める、といった事情だろうか(DVD販売が開始される前に2期が確定している様子なので、DVDの売れ行きが良かったといった理由は考えにくい。予約の数を見ているのかもしれないけど…)。もちろんこれはただの予測。
仮に、もしこの放送形態が主流になってしまった場合、視聴が面倒臭くなりそうだな…。

姫様ご用心

時間帯的に見やすかったので、一応見た。
酷い作品だった…。ここまで中身のない作品はなかなか無い。制作者は面白いと思って作ってるんだろうか。これはいくら何でも笑えない、ギャグとしても作品としても。それでも最後まで見続けた自分も、それはそれでどうかと思うけど(笑)。
王冠が物語に何の関与もしてないし、王女とか王子とかの意味もさっぱりだ。結局、王冠をめぐってグダグダ追いかけっこしてるだけという、何とも無意味な内容で、何がしたかったのかサッパリ分からない。

この作品、放送前にプロローグソング(アニメ中では全く流れない)とか作られていたり、イベントが開催されていたところを見ると、声優の新谷良子さんのプロモーションの側面がかなり強かったように思える。だからといって、肝心の作品内容がおざなりだったらあんまり効果が無いような気がするんだけどね…。
ああ、でもEDは結構好きだった。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。