Entry

新アニメあれこれ 2006年7月 その2

シュヴァリエ

WOWOW深夜スクランブル放送
WOWOWの1話だけノンスクランブルで放送してたのを見た。元々これはスクランブル枠作品なので、もちろん2話以降の話は知らない(笑)。
見た感じでは、まぁ悪くはなさそうな気がするけど、どうも暗いだけであんまり面白そうには思えなかったなぁ。その世界観や登場する単語に影響されているのかもしれないけど、内容的に「Blood+」と似たような臭いがする。まぁ、Production I.Gだしね。

ゼロの使い魔

ゼロの使い魔U局深夜放送。tvkで視聴。
主人公ルイズの声のせいで、何となく「灼眼のシャナ」を思い出し、それプラス錬金魔法云々という設定で「鋼の錬金術師」を思い出した。いや、だから別にどうというわけでもなく、ただ書いてみただけ。
まぁどうせその辺に転がっている一介の萌えアニメなのだろうと思って全く期待してなかったけど、テンポやノリが良くて結構面白いかな、と。1話の初っ端からキスとか、狙い所が明確すぎるほどハッキリしてるので、このノリが続くなら特に悩む事もなく楽しめそう。
まぁ真面目に突っ込むのもアレなんだけど、気になる事を一つ。設定上、いくら使い魔とは言え人間を相手にしてるのだから、他の使い魔と同等の意識を持つ方が不自然じゃないのかなぁ、と。まぁ要するに、ルイズは少しは恥じらいを持てと言いたいわけだ(笑)。

つよきす Cool×Sweet

つよきす Cool×SweetU局深夜放送。tvkで視聴。
「うわ、こりゃ酷い」というのが第一印象。何この三流萌えアニメ、と思うぐらい見ててもさっぱり面白くないなぁ。
始まる前から原作ファンからあーだこーだ(キャラクターデザインの変更、声優の露骨な売り込み、監督の原作やらない発言、等)言われてきたけど、原作やった事ない自分としては面白ければそれでいいやとか思ってた。しかしこうして実際出てきた物を見せられると、原作ファンの人はご愁傷様としか言いようがない(笑)。結局、以前から言われてたような声優売り込みアニメという見方が正解なのかもしれないなぁ、と。
エロゲなんてマイナーなジャンルのアニメでDVDを売りたいのであれば、まず固定客となり得る原作ファンをいかに掴むかが肝心だと思うんだけどな。原作ファンを掴めれば、原作の評価がある程度反映された評価がアニメ作品に対しても与えられるわけで、アニメ化企画が持ち上がるような評価の高い作品であれば、アニメにも相応の評価が得られるんじゃないかと。まぁ今さらそんな事を言っててもしょうがないけどね。
それにしても、「ツンデレ」がコンセプトの作品において主人公が女性というのは、いくら何でも無謀じゃなかろうか。こういう作品では、視聴者が感情移入する対象=男性キャラの主役に対して、ヒロインがツンデレな態度をとるのが良いんじゃないか。この妙な独自性が、作品に対してプラスに働く事はあり得ないと思うんだけどなぁ。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。