Entry

Movable Type ver.3.3

Six Apart – Movable Type News: Movable Type 3.3 正式リリース
Six Apart – Movable Type News: お詫び: 再ダウンロードのお願い

ウェブサイト(主にウェブログ)の管理・運営を行うためのスクリプト、Movable Type のバージョン3.3がリリースされました。リリース直後にファイル差し替えという珍事はあったものの、とりあえず無事リリースされた模様。

というわけで、3.2から早速差し替え。差し替え時は、mt-config.cgiファイルと、自分でインストールしたプラグイン、自分でMovable Typeのスクリプトを書き換えていた場合はそのファイル、仮にデータベースを使っていなければアーカイブを保存したディレクトリ、といった物についてバックアップをとっておいて、現在Movable Typeがインストールされたディレクトリ以下をそっくり置き換えてしまえば完了。
ただ、今回からmt-config.cgiファイルの中身が必要最低限の記述のみで必要に応じて「Movable Type 3.3 マニュアル: 環境変数」を参考にしながら自分で追記していく形になり、内容がスッキリしたので、mt-config.cgiも置き換えた方が良いかもしれない(以前はファイルの中に全部記述されていた)。

で、使ってみたけど3.2から何が変わったのかよく分かりません。何やら「WidgetManager」というサイト上に表示するコンポーネントをカスタマイズする機能が追加されたり、サイトのスタイルを簡単に変更する事が出来るなったりしたみたいだけど、テンプレートをフルカスタマイズするという暴挙をやった自分には、あまり魅力がありません。
あとは、「エントリー・タグ」なる機能が追加されたみたいだけど、これがどんなものかがよく分からんので保留。

とりあえず、そんな事はどうでもいいからファイルアップロードのディレクトリを記憶するよう改善しろと。何でデフォルトがサイトのルートパスなんだ。別の所にアップロードしても設定は保存されないし。画像を頻繁にアップロードする人には毎度アップロードする事になるのでかなり面倒臭い作業になってしまう。これは以前から不満だったけど、一向に改善されない。ルートの直下にいつも画像やその他ファイルを置く人がいたら、逆に教えてもたいたいところだ。
そんな事だから、わざわざ「Better File Uploader」などという皮肉っぽい名前のプラグインが作られるんだ。
…って、3.3になってから、このプラグインが使えなくなってるじゃないか。プラグインの作者は少し待ってと言ってるので、多分そのうち対応バージョンが出てくるんだろうけど。

今回のアップデートはデザイン面の変更が目につくばかりで、一部互換性が失われてしまうといった問題が起こった事は、正直ガッカリだ。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。