Entry

新アニメあれこれ 2006年4月 その7

BLACK LAGOON

豪快なキャラクターや、アクション、ロックのへたれっぷりがなかなか楽しい作品だと思う。レヴィやダッチの会話の応酬やスラングなど、その人物像がよく表れていてなかなか魅力的。こういうのは大抵ただのカッコつけ作品で終わる事が多いだけに、結構面白かったのがちょっと意外だった。
だから群馬テレビは、何故自分が群馬にいる時にこういう面白いアニメを放送してくれなかったのかと。

うたわれるもの

何かエロゲ原作アニメらしい。内容的には別段、特筆するような事もなく…。ストーリー的にもアニメ的にも悪くはないと思うんだけど、今のところ特に強く印象に残るようなものがない。戦闘場面などの作画は結構頑張ってるように思うんだけど…。
OPおよびEDは割と好き。

RAY THE ANIMATION

ギャグなのか真面目なのか理解に苦しむ作品だ…。ブラックジャックが出てきたのは何のギャグかと思ったら、「協力:手塚プロダクション 」となっているので、一応は公認なのね。

姫様ご用心

ビックリするぐらい中身のない作品part3。
始まる前は期待してたんだけど、完全に期待外れ。ストーリーがさっぱり進まず、キャラクターがドタバタやってるだけで、まるで中身が無い。せめて、もう少し話を進める努力をしようよ…。
あー、でもOPとEDは結構好きです。特にEDの方。あとどうでもいいけど、OPは夏夏夏夏ここーなーっつって曲に似てるような気がしなくもない。

砂沙美☆魔法少女クラブ

この作品は、オタを対象にしているのか、子供を対象にしているのか…。というかまぁ、タイトル的に子供に向けているというのはあり得ないと思うんだけどね。
ただ、主役5人の声が致命的。いくら何でも、萌えアニメに子役を使うのはどうかと思うんだけど。色んな意味でミスキャストすぎる。オタ向け作品に人気のある声優を使わないのは売り上げに響くし、アニメで子役の売り込みをしても顔が出ないだけに訴求力は薄いし、逆に顔が出ない分声の演技力の未熟さが浮き彫りになってしまうし、一体何を意図した物なのやら。
最近、「capeta」「LEMON ANGEL PROJECT」「ひまわりっ!」「シムーン」「きらりん☆レボリューション」のようにタレント・俳優を使ったり、「ラブゲッCHU」のように新人を使ったり、とにかく主役に経験の浅い人を使うパターンが多くなってきたような気がする。何かこう、プロダクションの売り込みの臭いが鼻についてあんまり好きになれない。「かりん」の主役も新人だったはずだけど、アレは割と上手かったと思うのであまり気にならなかった。それから、「LEMON ANGEL PROJECT」「ラブゲッCHU」「きらりん☆レボリューション」辺りは、元々作品のテーマ的にそういった売り込みの要素が強いように思うので、方向性が一致している分まだセーフとしよう。ただ、この「砂沙美☆魔法少女クラブ」及び「ひまわりっ!」に関しては、オタクを対象とする萌えアニメなのに、主役がそもそも声優ですらない上、演技力も今ひとつで滑舌も悪いというのは、一体何がしたいのやら…。
内容的には、まぁ魔法少女をテーマにした萌えアニメだなぁ…と。特に可もなく不可もなく。「天地無用!」の外伝物の一つという事になるんだろうけど、キャラクターデザインと声のせいで、あんまりそう見えない。

獣王星

キャラクターデザイン的に、かつて制作が間に合わなくて4週連続総集編という前代未聞の大不祥事をやらかした「Wolf’s Rain」を思い出すねぇ。あの時はさすがにビックリしたもんだ。
ただ今回の作品は、淡々とした雰囲気と意味の分かりにくいストーリーを持つあの作品とは違って、活力に溢れ、自らの手で状況を切り開こうとするトールというキャラクターが主人公であり、目的とそのストーリーの流れも分かりやすく、見ていてなかなか面白い。ちょっと独特な世界観も魅力的で、その世界観がしっかり物語の基盤となっている点も良い。
また、作画のレベルが高いのも高評価。トールが植物に襲われた時の場面で、異様に気合いの入ったレベルの高いアニメーションが見られたのは、ちょっと感動してしまったよ。
とりあえず、今期の中ではかなり期待している作品です。
ところで、このフジテレビの「ノイタミナ」枠は一般的な若い女性を主なターゲットにしていると聞く。この作品も一応、少女漫画誌に連載された作品なのだそうだけど、独特な世界観やキャラクターデザインを見るに、一般人向けというよりは、ややオタク向けの傾向が強いように思う。そんなアニメを、この枠で放送して大丈夫なのだろうか、とやや心配になってしまうのだけど、実際のところどうなんだろ?こういうのはあんまり抵抗無いのだろうか。個人的願望としては、こういった作品によって多少アニメへの理解の幅が広がってくれると嬉しいんだけど…。

ツバサ・クロニクル

まぁ、普通に1期の続きの話となる2期が始まったという感じで。1期は一応見てたけど、盛り上がらず淡々と進んでる印象で、あんまり面白くなかった。2期も同じペースでやる気なんだろうか…。
どうでもいいけど、次回予告の「モコナモドキもドッキドキ」が、以前に比べてちょっと上手くなってる感じがした(笑)。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。