Entry

新アニメあれこれ 2006年4月 その6

ウィッチブレイド

この作品、元はアメコミなのだそうだけど…。原作は全く知らないので何とも言えないけど、舞台が日本だったり、明らかにアメコミの雰囲気とは異なるキャラクターが登場したりする辺りを見ると、原型は全く留めていなさそうだ。ただ、ウィッチブレイド変身後の姿に、その雰囲気の面影は見られる…ような気がする。本場アメリカの原作ファンの意見を聞いてみたいところだ。
内容的には…何というか、「SPEED GRAPHER」っぽい。敵キャラクターが変態だったり、奇妙な能力を使ったり…。よく見たら、これも制作がGONZOか。何でこの会社のオリジナルアニメは、変なセンスの作品が出来上がるんだろう。

それにしても、金曜の夜とはTBSも変な時間にアニメ枠をねじ込んだなぁ…。

Soul Link

エロゲー原作アニメだそうで。
あまりにも印象が薄くて、特にこれといって書く内容が無い…。とりあず自分の中では、年間に何本も作られるような空気アニメの一つという位置付け。1年後まで覚えてないかも。

彩雲国物語

NHKはどうしてこう、男アニメばっかり…。いやいや、「SAMURAI7」や「メジャー」は真面目アニメですけどね!…多分。
最初は「十二国記」みたいな作品を期待していたのだけど、どうやら「遙かなる時の中で」の方に近いらしい。いや、実際のところ「遙かなる~」は真面目に見てないんだけど、大雑把な印象として。
内容はまぁ、そこそこ面白いと思う。思うんだけど…、一々ホモっぽいのは何とかならないかなぁ(笑)。

少女チャングムの夢

これが噂に聞く、通常の3倍の価格がついた韓国制作アニメか…。とは言っても、「3倍」「ドラマの輸出価格に次ぐ金額」という言葉ばかり聞くけど、肝心の通常価格は知らないんだけどね。もしかしたら、今までが物凄く安かったのかもしれない。「チャングムの誓い」は日本でも結構人気が出たというし、もしかしたらそれなりに適正価格なのかもしれないし、やっぱり高いのかもしれない。その辺は何とも言えない。ただ、NHKはユンナとのタイアップ等、売る気満々みたいだから、やっぱりふっかけられたような気はする。
でまぁ、実際に見てみると、NHKで放送する分にはそんなに悪くないんじゃない?というのが感想。アニメーションの品質的にも特に目立って悪くはないし、ストーリーも分かりやすくて、結構見やすい。演出的にちょっと古臭い感じがする場面はチラホラあるけど、まぁ許容範囲内。というか、日本アニメと同じ感覚で語るのも変な感じがするんだけど(その辺のセンスは国によって多少違いがあったりするわけで)、この作品が日本アニメとほとんど変わらないため、同じ感覚で見てしまう(笑)。日本アニメの下請けで培った技術の賜物だろうか。これはいよいよ韓国アニメも馬鹿に出来なくなってきたのかなぁ。「ラグナロクオンライン」のアニメを見た時はイマイチな感じがしたのだけど、それに比べればかなり良いと思う。
あー、でもEDのSDキャラクターはちょっと狙いすぎのような気も。

ひまわりっ!

主人公の声はどうやら女優らしい。女優にしても、ちょっと滑舌が悪いような…。たまにきちんと言えてない台詞がある。最近こういう感じで主役の声優に新人やアイドルを使う事が多いけど、なんで?それも、夕方とか0時頃のアニメならまだしも、こんなマイナー深夜アニメに…。
まぁそれはさておき、この作品は…すいません、もういいです(笑)。萌えアニメなんだけど、内容があんまり面白くない。U局で放送される、見ても見なくてもどうでもいいアニメの一つ。
それにしても、ツリ目の子が男と聞いてビックリした(笑)。

ひぐらしのなく頃に

ホラー系…かな。元が同人作品で、かなり人気を誇る物という事は知っている。あと、そのゲームの制作を、制作者の家族が手伝っているという事も(笑)。いつか放送していたNHKの番組でその事実を知り、実際に映像を見た時は結構衝撃的だった。あぁ、こういう同人作家もいるのだなぁ、と。
実は以前、一番最初の何とか編を入手して遊ぼうと思った事があるのだけど、そこはノベル系ゲームで文字を読み続ける事に不慣れな自分のこと、あっという間に投げましたわ(笑)。そんなわけで、ほぼ原作知らずの視聴となる。
内容は、可愛いキャラクターとホラー系という作品のテーマのギャップがちょっとあざとい感じがするけど、結構怖い感じが良く出てて、見ていてドキドキする(笑)。物語もなかなか面白いです。一回主人公が殺されてしまって、同じ舞台・同じキャラクター・同じだけどちょっと違う展開が始まったけど、基本的にはこうやって何度も同じようなストーリーを繰り返すという流れなのかな?まぁ、こういう作り方もアリかな、と思う。
とりあえず…OPはいいねぇ。凄く気に入った。独特で不気味な雰囲気があり、良い感じで恐怖感を煽ってくれる。

女子高生 GIRL’S HIGH

お馬鹿で下品な女子高生のアニメ。
うーん、まぁ、自称しているだけあって品はない(笑)。個人的に、下品なギャグというのはあんまり好きではないので、あんまり面白いとは思わないなぁ。

夢使い

とにかく「変」なアニメだと思う。呪術的な力をテーマにした作品かと思えば、妙なメカが登場するし、乙女チェックやら真性ロリコンやら、設定がアレすぎる。何となくだけど、この独特な雰囲気や珍妙なセンスは「忘却の旋律」と似たような臭いがする…。
内容的には、そんな結末か!と突っ込みたくなるような ダークなオチや、キャラクターの掛け合いが割と面白いかな、と思う。あと、OPが結構好き。

西の善き魔女

「まじかるカナン」「To Heart 2」「こみっくパーティー」「らぶげ」等々、数々の「駄アニメ」と読んでも差し支えないようなアニメ作品を送り出してきたアニメ魂枠の作品。
しかし今回のこの作品は、大いに期待外れだった。結構面白い。何てこった。どうせ面白くないと思ってタカをくくってたのに…。それに、絵も綺麗でとてもアニメ魂枠とは想えない出来だ(失礼極まりない)。何故これを、自分が群馬にいる時に放送してくれなかったのか。
結構真面目な内容の中世ファンタジー物なのね。初々しい感じの少女と、すまし顔で大人びた態度だけど妙に子供っぽい少年の関係が、なかなか良い感じでドキドキします(笑)。ルーンの想いは報われるのか…。
ただねぇ…、国名とかの固有名詞がなかなか覚えられないですよ。もう年だろうか。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。