Entry

新アニメあれこれ 2006年4月 その3

銀魂

ジャンプ読んでも読まない作品の一つ。どんな作品かと思ってたら、こういうギャグ作品だったのか…。少年誌の中に一つぐらいは置かれるジャンルというか、何かそんな印象。
最近、ジャンプ作品として「BLEACH」辺りと並べて紹介されているような印象を受けていたし、実際女性の同人人気がある感じだったので、もう少しこう、「るろうに剣心」みたいな作品かと思ってた(笑)。
まぁ、とりあえず個人的にはパスで。

エア・ギア

週刊少年マガジンは、少年誌の割に深夜アニメ率が高いですな。ちなみに原作は読んでない。
とりあえずアニメを見た限りでは、自分の中では、「涼風」と同じようなポジションかな…と。別につまらなくはないけど、積極的に見るほど面白いとも思わないというか。少年誌に無難に留まってそうな作品という感じ。
この時間帯の裏に後述の「桜蘭高校ホスト部」があるので、これもパスで。

桜蘭高校ホスト部

まーたホモホモしいアニメだよ。U局、NHK、テレ東、テレ朝辺りではでは近頃よく見るけど、ついにコンスタントに高品質の作品を提供する日テレまで落ちたか…、というのが第一印象。
すいません、全面的に私が悪かったです。もう大変面白い作品です。
何が面白いかと言えば、ツボを押さえたキャラクターと、キャラクターを上手く見せる話の内容、アニメらしさを活かした笑いの演出、程良いテンポ。確かにホモホモしい事は確かなんだけど、それ以上に「アニメ作品」としての面白さを十分に押さえていると思う。「アニメ作品」としての面白さというのは、つまり普通はあり得ないような漫画的な演出を上手く描いたり、「ここぞ」という所でキャラクターの動きで笑いを取ったり。あと、ギャグの間の取り方もとても上手いと思う。
とにかく、ギャグアニメというてのレベルは相当に高くて、見ていて飽きない。今期一番楽しみな作品です。全くのノーマークだっただけに、この面白さは完全に不意打ちだったなぁ。

ラブゲッCHU ミラクル声優白書

何というか、この狙い所の外しっぷりが何とも…(笑)。明確にオタをターゲットにしているのだけど、アニメの内容を見る限り、そのターゲットを的確に捉えているとは言い難いなぁ…と(笑)。見ていて苦笑するタイプの作品。
ただ、個人的にはあまり嫌いにはなれない。というのも、指導員というかお局というか、そういうポジションのキャラクターにきちんと大物声優を使ってるから(笑)。狙いすぎではあるけど、「REC」とは違って一応それなりに真面目に声優をテーマにした作品を作ろうとしている気概は窺えるわけで、その辺は評価してもいいかな、と。
でも、この作品に出演している三石琴乃さんとか野沢雅子さんの声を聞いていると、「落語天女おゆい」に出演した桂歌丸さんの声を聞いている時と同じ気分になるのは何故だろう。

ガラスの艦隊

最初見た時は「銀河英雄伝説」でも作ろうとしているのかと思ったけど、見ているうちにどうやら違うらしいという事は分かった。しかし、真面目に作品を作ろうとしているのか、それともふざけた作品を作ろうとしているのか、その辺りがまだよく分からんです。真面目に見えるところは、一応オリジナルの世界観をしっかり作ってたり、主役の3人が作品の柱として機能している様子だったり。ふざけて見えるところは、メイドとかその辺(笑)。
宇宙を題材にしたスペースロマンファンタジー的な物を作ろうとしているのだとは思うけど、作品として妙な違和感を感じる点も多々あり、方向性がどうにも見えにくい。
それにしても、GONZOがオリジナルアニメを作ると、何でこういう毎回変な作品が出来上がるんだろう?それに、GONZOは毎期毎期どうやってオリジナルアニメが作れるだけの資金を調達してるんだ。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。