Entry

新アニメあれこれ 2006年4月 その1

ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!

前期は最初の数話だけ見た。今回は、とりあえず様子見で1話だけ見た。
あのロングの黒髪のお嬢様っぽいキャラが凄い声してるなー、というのが一番印象に残ってるぐらいで(笑)、普通の少女向けアニメでした。あとは、この年から学校行くというこの世界の教育制度って、一体どうなってんのかなー、などとまたもやどうでもいい事を考えてた。
あんまり関係ないけど、そういえば「プリンセスメーカー」は1、2作目は学校がなくて、3作目で学校が登場してたなぁ、という事を想いだした。4作目は知らない。いや、だからどうしたと言われても困るのだけど…。何となく、途中から学校というシステムが登場+プリンセスという絡みで。

それにしても、2年目に続いたという事は、スポンサー的にはそこそこ美味しいアニメだったという事だったんだろうか。

うーん、実はあまり印象に残ってない。電波な少年が異世界に飛ぶという、何ともセオリーなストーリーの作品だったという記憶はあるけど…。ゾイド的な意外性のある面白さを期待してたけど、個人的には今ひとつ。
それにしても、伝統のテレ朝日曜朝少女向けアニメ枠、現在は「プリキュア」の裏の時間帯ということで、やはり少年向け作品を据えてくるんだなぁ。

デジモンセイバーズ

カズマだ。ああ間違いない、この主人公は「スクライド」のカズマだ。声、性格、態度、全てにおいてカズマすぎる(笑)。殴り合いだってしてるし。そのうち「シェルブリッドぉぉ!」とか叫んでくれたり、宇宙空間で殴り合いとかしてくれるんじゃないだろうか、と淡い期待を抱かせてくれる主人公だ。何話か見たら、劉鳳っぽいキャラクターまで出てくるし。声が緑川光氏じゃないのが残念。
とりあえず、スクライドっぽい感じがちょっと気に入ったので様子見。
ちなみに、自分はデジモンって全然知らないから、「ポケモン」のパクリというイメージしか無い。

おねがいマイメロディ くるくるシャッフル

まぁ普通に2期が始まったなぁ…という印象。普通に1期の終わりから話が続いてるから、特別という感じは無い。
それにしても、2話の「ウサミミ仮面」はちょっとやりすぎかなぁという気がしないでもない。いやまぁ、大爆笑させてもらったんだけど(笑)。柊が哀れすぎて泣けてくる(笑)。「イケメンビーム!」とか、もうバカかと(笑)。あと、これを演じる置鮎さんの演技も凄いと思った。
まぁとりあえず、この作品は今まで通りこういう方向で頑張ってくれればそれで満足です。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。