Entry

gooからWikipedia検索が可能に

スラッシュドット ジャパン | goo辞書からWikipediaが検索可能に

goo辞書からWikipediaが検索できるようになったという話。
検索サービスも色々考えるもんだね。なるほど、確かに百科事典としてWikipediaと連携するというのは面白いかもしれない。ただ、ここで問題になってくるのはやっぱり情報の信頼性。Wikipediaはやっぱり信頼性という点では今ひとつだし、その責任の所在も分かりにくい。gooは

ウィキペディアは、ユーザーが自由に編集できるフリー百科事典です。すべての解説は、誰もが自由に編集できます。内容の正確性、合法性、安全性についてなどは、gooまたはNTTレゾナント、またウィキペディアが、いかなる保証もするものでもありません。

とは言うけど、一般人にしてみればそんな事は知ったこっちゃなくて、表面上はgoo検索サービスで提供される情報なのだから、それはgooの責任と考えてしまうのではなかろうか。それはつまり、gooの信頼性に直結するわけで、gooとしては結構な冒険だったんじゃないのかなぁ。

ただ、Wikiepdiaと連携するという事はつまり、Wikipediaに蓄積された膨大な情報にアクセスできるようになる事も同時に意味するわけで。Wikiepdiahは一般的な百科事典の情報はもちろんの事、他愛もない情報が詰め込まれており、特にオタ関係の情報が異様に充実してるから、上手く使えばかなり有効な代物だと思う。例えば、「英雄伝説 (ゲーム)」なんて物も引っかかる(笑)。つい最近更新したページも結果に反映されているから、検索時にリアルタイムで情報を取得しているのかな?
しかし、一部テンプレートが使われているページ、例えば「英雄伝説 空の軌跡」とか見ると、表示が思い切り崩れてしまうのは難点。テンプレートの内容が全て表示されてしまったりする。ここは改善の余地有り。

追記

々使ってみたけど、何か使いにくいなぁ。
もっとインターフェース面での改良も必要だ。

21日追記

今使ってみたら、テンプレートが使われていてもスタイルが崩れなくなってる。あと、コメント内容が無視されずにそのまま表示されてしまうという問題も残ってるけど、この調子ならすぐ対応してくれそうかな。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。