Entry

ひかり電話使ってみた

Bフレッツサービスと同時に、NTT東日本の提供する「ひかり電話」サービスにも申し込んでいた。(電話の加入権とか買うのが馬鹿馬鹿しいので、以前からIP電話を利用しようと画策していた)
昨日、そのひかり電話用ルータが届いたので、今日電話機を買ってきた。ちなみに、ヤマダ電機で3000円ぐらいで売ってた安い代物。携帯電話がメインで、ひかり電話は補助として使うつもりだから、そんな大層な代物は必要ないかなぁ、と。何らかの登録時に電話番号が必要になった場合、携帯の番号を書くのは嫌だから、そういう時に利用できればいい。

で、実際使ってみたけど、まぁ普通の電話だねぇ。何ら遜色なく使える。一部を除いて、特殊な電話番号にもかけられるから、いざというときにも使える。ただ、普通の電話と違って停電時は使えなくなるけど、それは携帯で何とでもなるのでどうでもいい。

ひかり電話サービスは一応「IP電話」ではあるけど、NTTの提供する特殊なIP電話サービスだから、他社の「050」番号のIP電話サービスと異なり、特殊なサービスも色々提供してくれている。
ただ個人的には、そういうNTTの特権(?)を利用して他社との差別化を図ってるという点が、何かこう、釈然としない物を感じる。他のサービスでも、普通の電話と同じように使えれば、わざわざひかり電話を選択する理由は無いんだけど…。
@niftyみたいなプロバイダが提供するIP電話サービスなら、基本的に機器レンタル料だけで済んだり、特定の番号への通話が無料になったり、プロバイダを変更しない限り電話番号も変わらないといったメリットがあるのだけど、残念ながら特殊な番号への通話ができなかったりするので、ちょっと不安。自分は双方のメリットを比べた上でひかり電話を選択したのだけど、NTTだけがそういった特別なIP電話サービスを提供できるのは、ちょっと不公平のような気が。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。