Entry

アニメ感想 ~2006年1月18日

練馬大根ブラザーズ 2話 「俺のお玉でサランヘヨ」

20060122_nerima.jpg相変わらず品のないアニメだけど、今回を見てこの作品の方向性がよく分かった(笑)。社会風刺というか、特定の文化や商売を小馬鹿にした、ミュージカル仕立てのギャグアニメ…という感じなのかな。しかし、いきなり韓流スターとかそっちのネタを振るのはどうなんだ。「韓流スターのパチもんだらけのパチンコ屋」とか、韓流スターが工場のベルトコンベアで作られる絵とか、ネタとして大丈夫なのかなぁ…と。これがきちんと最終回まで放送できるのかとヒヤヒヤしてしまう(笑)。来週は医療界のネタのようだ。そのうち、オタク文化ネタとかも来るのかなぁ。来たらいいなぁ(笑)。
1話見た時は変なアニメだと思ったけど、こうやって作品の方向性が見えてくると、かなり面白く感じられるようになった。このアニメ凄いわ。癖になりそう。まぁ、実際に笑顔でキャッシュなんてしたくはないけどねー(笑)。
それにしても、ここまで内容的にも雰囲気的にも「深夜アニメ」らしいアニメ作品なんて初めてかも。

クラスターエッジ

取り上げたのは面白いとかそういう事じゃなくて、OPも中身もEDも総集編みたいな作品なんて初めて見たな、と。いやまぁ、毎回総集編みたいな内容だけど(毎回何となく見てる自分もかなりアレだけど)、そろそろ本気で大丈夫だろうかと心配になってしまう。もうほとんど、放送事故に近い感じ。

かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 2話 「彼女は彼女であることを自覚した」

20060122_kasimasi.jpg特別面白かったとかそういうわけではないんだけど、「おねにーさま」がちょっと印象的だった。いや、確かに1話見た時も、そういえばあかほりさとる氏って昔「MAZE 爆熱時空」で、主人公が女に変身するとか「おねにーさま」と呼ぶ(一応)女性キャラとか、似たようなネタやってたなー、とは思ったけど、まさかここまで直接「おねにーさま」というネタが来るとは思わなかった。
よく考えたら、「らぶげ」でも「アクマコ」とかやってたんだから、こういったセルフパロディが来るのは予想して然るべきだったか…。
感想としてはまぁ、主人公はもう少し女になる事を嫌がるとか、恥じらいを持つとかしろよ、と。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。