Entry

アニメ感想 ~2006年1月15日

ゾイド ジェネシス 40話 「バイオ粒子砲」

20060122_zoids_1.jpg無敵団がまた出てくるとは。まぁ、前回EDに出てきた辺りで、その予兆はあったのか。それにしても、同じ声のキャラクター同士で会話させるとか、声優で遊びすぎ(笑)。
前回からEDにちょっと手が加えられていたけど、気になる事が一つ。こういう玩具スポンサー主導型のアニメって基本的に、制作会社だけの意向でどうにもならない事が結構多いと思うし、一応番組の顔とも言える主題歌の映像に手を加えるのは、恐らくそれなりにスポンサーの意向も介入する事なんだと思う。少なくとも、スポンサーであるトミーが企画するか、アニメ制作会社がトミーにお伺いを立てるかしないと出来ない事だと思うんだけど、その上でこういうい一部にオタク向きなネタを仕込む事が出来たというのは、トミーがもうゾイドを投げてるのか、それともトミーも既にそっち向けに対象をシフトしたのか、どっちなんだろう。両方かも。まぁどちらにせよ、子供向けアニメとしては失敗だったんだろうな…。
20060122_zoids_2.jpgあと、ザイリンが突然スーツに覆われて倒れる場面だけど、あのスーツはせめてもう少しカッコいいデザインにできなかったのかね。倒れたザイリンの姿の、格好悪い事と言ったら(笑)。

よみがえる空 2話 「困難な仕事」

20060122_yomigaeru.jpg2話見たら、この作品が結構面白いと感じられるようになった。
人物の描写が凄く丁寧で、キャラクター同士の会話がとても面白いと感じた。本郷が内田に対して、「皮肉ならもっと上手くいうんだな」と言った後で、内田が本郷に「中途半端に大人しくしてます」とまた皮肉で返したり、あと会話が無くても表情で人物の考えを伝えたり、そういったキャラクターの内面が上手く表現できてる。こういう、キャラクターがよく生きている作品は、見ていて面白い。
ただ残念なのは、リアル指向を目指したせいか、キャラクターが判別しにくい事。皆同じ黒髪や制服だと、やはり色とりどりの髪や特徴的な顔の作りをした作品に比べるとキャラ立ちが弱くなるし、実際に画面上でも判別がしにくくなってくる。まぁこれはしょうがないといえばしょうがない。その分、会話や行動でキャラクターを上手く表現してほしいところ。
あと、この作品は結構CGに重量感があって良かったな。CG制作者がそれなりに頑張ってる事が窺える。
この作品、正直1話見てあんまり面白そうじゃない思ってたけど、意外と掘り出し物かもしれない。

LEMON ANGEL PROJECT

20060122_lemon.jpg声が酷いと聞いていたけど、思ってたより悪くはなかったかなぁ。まぁ、喋りが声優っぽくないのと、あんまり滑舌がよくないのは確か。
内容に関しては、1話見ただけではよく分からんけど、あんまり面白そうには感じなかったなぁ…と。
そういえば、アイドルを育てるとか、そういう感じのアニメやらゲームやらが何年か前に結構あったような記憶があるけど、この作品には、そういうのと同じような空気を感じたなぁ。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。