Entry

アニメ感想 ~2006年1月5日

日付が前後してしまってるけど、新番組いくつか。

マジカノ

U局向け量産型萌えアニメその1。…という印象。
頻発するSDキャラに、「はっぴぃセブン」とかああいう感じの雰囲気を感じる。媚びたようなキャラ作りが、あんまり好きになれない。
こういうアニメを見てると、こういったアニメ作品を量産できるほど、アニメ界って余裕あるのかなぁ…と思ってしまう。…いや、逆に切羽詰まってるのかな?原作に貧窮してることは確かなようだけど。

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲

U局向け量産型萌えアニメその2。
百合臭が強い萌えアニメ。ただ個人的には、設定に色々やる気が感じられるので、まだ見られる…ような気がする。ただ、演出がちょっと安っぽい印象。あと、1話に色々詰めすぎのような…。もう少し真面目に作り込めば、そんなに悪くなさそうなのに。
あと、EDの雰囲気がちょっと好きだった。迷わない 迷う 迷いながらもー♪。ちなみに、OPは「ローゼンメイデン」のEDを担当したkukuiだけど、こっちはそれほどでも。
それにしても、「アリス」と聞くと「学園アリス」とか色んな作品を想像してしまうので、「アリス」という名前は少し控えてほしいなぁ、と思う今日この頃。

落語天女おゆい

U局向け量産型萌えアニメその3…だけど、歌丸師匠の登場でインパクトは絶大(笑)。
でも、こういうアニメ作品にそんな大人物を声優として使うのはどうなんだろう?自分は何故か、見ていてかなり申し訳ない気持ちでいっぱいになった(笑)。
こういった、今までにない業種と組んで新しい作品を生み出そうとする心意気は、個人的に好ましいと思うのだけど、落語芸術協会とやらも、もう少し企画内容や相手を選んだ方が…。もしかして、落語業界は形振り構ってられないぐらい落ち目なんだろうか。
作品への印象としては、何か広井王子作品を彷彿とさせるな、と思った。いや、「サクラ対戦」とか「萌えよ剣」からの連想なんだけど。内容は、これといって特に…。戦闘場面にあまり迫力が無いのは、何とかならないものか。
とりあえず、落語芸術協会75周年記念企画というちょっと特別な存在として、一応は応援してる。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。