Entry

ローゼンメイデン トロイメント 6話 「天使」

20051129_rozen.jpg水銀燈が復活し、病弱な少女めぐと契約を結ぶ話。

水銀燈復活かー。以前、放送前のTBS公式BBSで、水銀燈は復活しないとか何とか言われていた時期もあったけど、ようやく水銀燈の復活が叶ったわけだ。
しかし今のところ、その復活の過程・理由がさっぱり不明のまま。まぁ、例の人形師が直したという事なんだろうけど、どのように水銀燈の体を回収したとか(そもそも、水銀燈の体をどうしたのかはアニメの中でもうやむやにされている事なんだけど)、復活させる根拠とか、薔薇水晶がこれを「予定」と言っていたけど、これがアリスゲームにとってどういった意味を持つのかとか、気になる事だらけ。あと、復活した水銀燈が、真紅との戦いの記憶を失っていた事も気になったけど、これは今回の話の演出以上の意味は無さそう。
水銀燈のマスターとなったのは、めぐ。原作では、確か未だに水銀燈が躊躇って、めぐとの契約を果たせていないけど、アニメだとあっさり契約してしまったのでビックリだ(笑)。アニメの展開が少し原作に近付いたと思ったんだけど、この様子だとやはり原作とはまた違う展開に持っていくのかなぁ。

あと、今回の真紅が水銀燈にジャンク発言を謝る場面、水銀燈がめぐに対して自身をジャンクと呼ぶ事を諫める場面は、やはり1期から見てきた人間にしてみると、非常に印象的な場面だと感じる。あれだけジャンクジャンクと煽ってきた水銀燈と、それに反発して水銀燈をジャンク呼ばわりした真紅が、ジャンクという言葉で他者を貶める事を戒める。これは1期の話と、今までの話における真紅の苦悩という積み重ねが、この場面によく活かされるな、と思った。

水銀燈が復活してシリアスな話が展開した今回の話は、非常に面白かった。次回はギャグ話っぽいけど、個人的にはシリアス分がもう少し多めの方がいいかな、と思わないでもない。まぁ何はともあれ、次回も期待。

落書き1
落書き2

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。