Entry

絶対少年 25話 「世界の皮膜が穴だらけ」

20051118_zettai.jpg全員集合、の話。

今回何が一番驚いたかって、マッキーが須河原に告白した事が(笑)。いや、確かに以前からそういう素振りはあった事は気付いてたけど、ついこの前理絵子に告白して振られたばっかりだっただけに、まさかそんなにすぐ乗り換えるとは思わなかったもので。
しかし、今回も見事撃沈。まぁ須河原の方は、以前から平気で下着を干した自室にマッキーを招き入れたり、マッキーの名前を覚えてなかったりと、完全に眼中にない素振りは見せていたので、この結果は当然といえば当然。マッキーの方も、「やっぱし…」と予想通りという顔。ダメもとだったのか。以前は言いたい事を言おうとしなかったマッキーだけど、今度は何か積極的すぎる気がしないでもない。
成基に相手にされない理絵子は…どうなるんだろう。このままマッキーに傾くのか、それとも成基について行くのか。

どっしるとしっしん、ポーちゃんのマテリアルフェアリー組は、マテリアルイーブルの前に撃沈。しかし今度は、あちこちから再びマテリアルフェアリーが発生。以前、田菜で不法投棄の場所からマテリアルイーブルが発生した時と似たような状況だけど、これが何を意味してるのかがよく分からないだけに、最終回でどういう結末を見せてくれるのか、非常に気になる。

そういえば、前回の歩のわっくん口調は、わっくんとは無関係なのかね。歩を待っていたわっくんと似たような立場に立った事で、わっくんの気持ちを知り、あえてああいった口調で話しかけたとか、そんな感じなのかなぁ。しかし、別に希紗に向けてわざわざわっくんの真似をする意味は全く無いし、妙に不自然さを感じるなぁ。

さて、次回はとうとう最終回。今までずっと作品をしんできただけに、どういった形で物語を締めるのか、非常に楽しみ。

落書き


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。