Entry

プロダクションI.GがJASDAQ上場へ

ITmediaニュース:プロダクションI.GがJASDAQ上場へ

不遇の立場に置かれやすいアニメ制作会社の中で、こういった成長見せる企業があるのは喜ばしい。アニメ制作会社では、他にGONZOがマザーズ上場を果たしてたっけか(アニメ ! アニメ !: GDH東証マザーズで株式上場決定)。今後もこういった企業には、率先して新しい取り組みをしていってもらいたいな、と思う。

…でまぁ、ここからが本当に書きたい事。
Production I.G.は、上場する余裕があるなら、肝心のアニメの出来をもう少し何とか。特に今放送中の「IGPX」。あれを見てると、本気で作品を作る気があるのかどうか、ちょっと疑わしくなってくる。あの盛り上がりの欠片もないレースとか、キャラクターの魅力の無さとか、アニメ作品としてどうかと感じる点が多々。あと、以前放送してた「お伽草子」も、どこに見所を見出せばいいのかよく分からない、面白味に欠けた内容だった。「Blood+」は…自分の中では今のところ一応何とか及第点だけど、「ガンダムSEED」、「鋼の錬金術師」といった作品を送り出してきた枠の中では、力不足感が否めない。
「攻殻機動隊」は結構面白いと思ってるんだけどね。でも、それだけではちょっと。
もう一方のGONZOはと言えば、オリジナル、原作物問わず深夜で結構面白い作品を多数送り出し続けている(駄作も送り出してくれるけど)意欲を見せているだけに、Production I.G.にも、もう少しアニメとして魅力のある作品を送り出してもらいたいところ。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。