Entry

背表紙を見せろ

出版社の書籍紹介ののページに行くと、当然の事ながら書籍の表紙の写真が置いてある。まぁそれは別にいい。でも、背表紙の写真が置いてあるところを見た事がない。どこかの出版社にあるかもしれないけど、自分は知らない。

いや、ネットで購入するなら別に背表紙なんぞ必要ない。ただ、別に書籍の紹介を見る人間が必ずしもネット通販で購入する人間ばかりとは限らないし、そういう人間であったとしても、「もし本屋に置いてあったら手にとって見て、それから考えるかー」「まぁ他の用事と一緒に本屋で探してみるか」と考える人間もいる。そうした場合、もちろん本屋の棚をタイトルで探す事になる。新刊なら、表紙を表にしておいてある本もあるけど、多くの本は違う。棚の中で背表紙をこちらに向けている。
「背表紙を見せろ」というのは、つまりそう言う事。「背表紙は白かったなー」とか「タイトルが変な文字で書いてあったなー」とか、そんな印象があるだけで探しやすさは違ってくる。

だからこそ、出版社には是非とも書籍紹介のページに表紙と共に背表紙の写真を置いていただきたいな、と。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。