Entry

絶対少年 22話 「消えたものと生まれるもの」

20051023_zettai.jpg理絵子があちこち動き回る話。あと、希紗から卵が産まれた(違う)。

ようやくギクシャクしていてイライラする展開から脱却していく様子。理絵子が前回、「もう止めた」宣言をしたもんだから、どれだけ吹っ切れるのかと思ってたら、思ったよりも普通だった。というか、悪い子になるのかと思ってたので、逆にいい方向に転んでいたものだから、ちょっと戸惑ってしまった。でも、いくら何でも前回「大嫌い」とか「ついて来ないで」とか言ってた人間に対して、今回いきなり明るく振る舞うってのはどうだろう、と思わないでもない。それが理絵子にとって「止めた」という事、相手の顔色を窺う姿勢からの脱却という事なんだと思うけど…。でまぁ、その結果マッキーは理絵子からハッキリふられる、と。しかし、「僕は、理絵子ちゃんが好きだよ、だから…」「ごめん」。即答かい(笑)。
しかしそのマッキーは希紗の言う通り、いい感じのキャラになってるね。以前の曖昧な態度も残ってはいるけど、言うべき言葉はしっかり伝える、という感じで。理絵子にふられた後のマッキーの反応は、何か格好良かったです。
残る二人、希紗も成基も良い方向へ向かう兆しが見られるので、今後の展開がちょっと楽しみになってきた。

あと今回は、ちょっと印象的な会話が多かったな、と。マッキーが須河原に言った言葉、羽鳥が理絵子に言った言葉、はなさんが理絵子に言った言葉。大雑把に言ってしまえば、相手が見えなくなってしまう事に対しての考え…かな。これらの話を見ていくと、作品のテーマが上手く作られているなぁ…と感じられる。

ところで、オカカ婆は本当に死んじゃったのかね。何か悲しい。いやまぁ、次回予告は置いておくとして(笑)。

20051023_zettai_p.jpg

追記

よーく思い出してみたら、「わっちゃん」と呼ばれた事はあったな、そういえば。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。