Entry

絶対少年 21話 「いい子でいることの意味」

20051015_zettai_1.jpgあー、もう、見ててイライラする。理絵子も成基もマッキーも。

成基は、自分だけが希紗を理解している、他人には分からないと最初から決めつけ、露骨に相手を敬遠する態度に腹が立つ。理絵子は、他人に良く見られようとして、相手の顔を窺うようにして接する態度に腹が立つ。マッキーは、ウジウジして相手に物事を伝えようとせず、空気の読めない行動を取る態度に腹が立つ。さらに言えば、希紗は完全に自分の殻に閉じこもって、他人を全く寄せ付けない姿勢に腹が立つ。
誰もが、自分を伝えようとしない。あるいは、自分を隠したまま相手と接しようとしている。それが今回の話で、その辺りが見事に浮き彫りになっているなぁ、と。何ともギクシャクした人間関係だけど、よくここまで複雑ながらも一貫した形の人間関係を描けるものだとと感心してしまった。ただ、さすがにこのギクシャクは見てて疲れてくるので、そろそろこの形を打破する展開を期待したいんですけど。OPのイメージから、もう少し安心して見られる作品だと思ったんだけどなぁ。

あと今回、須河原が理絵子を部屋に通すのを躊躇ったのが気になったな。前回、マッキーは部屋に通したじゃないかと。異性はセーフで同性はアウト?あるいは、マッキーがかなり弱い存在として見られているということか…。そういえば今回、須河原に名前覚えられてなかったしなぁ(笑)。
あとちょっと気になったのは、マッキーの携帯の送信履歴には「理絵子ちゃん」ばっかりで、ポツンと「小早川くん」がある程度。一方その小早川成基の携帯の着信履歴はというと、「マッキー」が連なっている。って事は、成基って他人からほとんど携帯かかってこないのか。というかこの場合、(希紗は置いておくとして)理絵子が成基にまるで電話をかけていなかったと取るべきか。よく考えたら、将棋の時も携帯じゃなくてわざわざ会場まで足を運んでたしなぁ。ただこれは、どういう思考・人間関係と考えればいいんだろう?うーん…。

まぁ今回はそんな感じで。次回以降は関係が改善されていく事を期待。

20051015_zettai_2.jpg


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。