Entry

のまネコ問題の結末

ITmediaニュース:エイベックス、「のまネコ」キャラクター使用料を辞退

個人的な印象としては、思ってたよりもあっさり身を引いたなぁ、と。素知らぬ顔をして、そのまま商売を続けるとも思ってたんだけど。モナーの著作権がかなり曖昧であるだけに、何者かによって訴えられる可能性は限りなく低いわけだし。
いやもちろん、あれだけ大々的にメディアで報じられている以上、良識のある企業なら身を引くだろうけどね。それでもエイベックスならやってくれるかもなぁ…と。いやだって、「いわゆる『のまネコ』 問題についての当グループの考え方」なんて稚拙な文章を、企業の公式発表として掲載するような所だし。mixiで個人を脅迫するような社長がいるような所だし。今回の件で、運営姿勢が学生レベルかと疑いたくなるような企業と分かっただけに、このままのまネコで商売し続けても不思議じゃないかな、と。

ただまぁ、こうしてきちんと非を認めて謝罪した事自体は良い事だと思う。
恐らくこのままのまネコで商売を続けたところで、一部の反発を招くだけで売り上げが大幅に落ち込むという事は無いと思うし、目先の利益を考えれば、エイベックスにとっては自社の誤りを認めた事の方が大きな損害に繋がるはず。それを踏まえた上で今回の決定をした事に関しては、まぁ良かったかな、と。
今回のエイベックスが起こしたのまネコ事件と、以前のタカラが起こしたギコ猫事件が、今後のネットにおける著作権の在り方に対して、良い影響を与えてくれればいいなぁ、と。

ところで
ITmediaニュース:ひろゆき氏「パクリ疑惑を実質認めたようなもの」
この記事を見て思ったけど、「使用料を辞退」=「のまネコをパクリと認める」というわけじゃないのね。どうにも、その問題の焦点の差が曖昧な感じ。あるいは、エイベックスがわざと曖昧にしようとしているのか。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。