Entry

2005年10月のアニメに関して

今回は、1話だけ一通りの感想は書かない。というのも、明らかに時間が無いから(笑)。まぁ、幸いにして(?)今のところ1話を見て感想を書きたくなるほど面白いと思った作品は無いので、別に感想書かなくてもいいかなぁ、と。「Blood+」辺りはいい線行きそうな気配がするけど、夕方1年枠にはあまり触りたくない。本気で気になったら感想書くと思うけど。
今期は多分、「ガンソード」、「絶対少年」辺りの感想を続けて、後で「ローゼンメイデン トロイメント」がそこに加わると思う。
とりあえず今のところ1話見て少しだけ気になった作品を挙げると…

・魔法少女リリカルなのはA’s
前作をきちんと継承していて、結構良さそうな作り。前作1話のような、気持ち悪いぐらいウネウネ動く場面がなかったのは残念だ(笑)。

・灼眼のシャナ
あー、なんかすっごくライトノベルっぽい。主人公の独白が、それを強く表している。作品自体は悪くなさそうだけど、主人公の独白はちょっとうるさい感じ。

・ARIA The ANIMATION
まったり感が結構良かった。普段はそういう作品に対してあまり関心は持たないけど、この作品のまったり感は、何となく心地よかったので、やや気に入った。恥ずかしい台詞禁止!

・BLACK CAT
ジャンプの作品で悪評はよく聞くけど、アニメはオリジナル展開だそうで、その内容はそこそこ面白かった。EDには完全にやられました。もう10回ぐらい見た(笑)。

・BLOOD+
劇場版「BLOOD」は確か一度DVDで見たはずなんだけど、暗い作品という印象ばかりが強くて肝心の内容をよく覚えてないなぁ…。このTV版はかなりライト層向けに作っている様子で、明るい感じで見られた。妙に百合臭が強いのはどうかと思ったけど。あと、この時間枠のアニメは血みどろ描写が定番なんだろうか。いきなり血しぶきが上がるのはビックリした。ところで、最近のアニメは1話で戦いまで終わらせないというのがスタンダードなのだろうか。ちょっと物足りない…。

・銀盤カレイドスコープ
40秒ぐらいしか無いOPなんて初めて見た。制作にかなり危険な臭いが漂う作品だけど、えー、まぁ、その、スタッフ頑張って。2ch辺りを見ると、色々と黒い噂が絶えない作品だけに、今後の行く末が心配です。作画はスタッフの頑張り次第だと思うけど、ちょっと古臭いセンスの演出は何とかならないものだろうか。実は結構楽しみにしてたんだよね、この作品…。

あと見てないのは、「ToHeart2」、「ラムネ」、「Paradise Kiss」、「ノイエン」、「ローゼンメイデン トロイメント」、「蟲師」か…。調べてみたら、まだ結構残ってたなぁ。さすがにこれだけチェック入れるのは疲れるよ…。

追記

想を削る代わりに、少し違う物を増やしたいと思う。
こっちの息抜きになる上に、多少面白いかもしれない。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。