Entry

任天堂Revolutionのコントローラー

ITmedia +D Games:任天堂「Revolution(仮)」隠されていたコントローラ明らかに

ゲームショウ2005で、今度出る任天堂のゲーム機「Revolution」におけるコントローラーが発表されたとのこと。何やら従来のコントローラーとは違い、リモコン型になっている。画面を直接指して使うポインティングデバイスになっているとか。さらにコントローラーの拡張ができるようになっている。

個人的に、これは面白いなぁと思った。確かにこっちの方が直感的に扱えるし、デバイスとしても色々な可能性があって面白い。例えば記事に触れられているように、この形なら一般人に対してFPSもアピールできるかもしれない(PCで一般的なマウス+キーボードなんて、一般人には明らかに不適切なプレイスタイルだしね)。さらに、画面を直接ポインティングできることで、「Nintendo DS」との互換性が確保できる。だから、移植やDSとの連携もやりやすい。この記事には書いてないけど、もちろんそういう狙いもあっての事なんだろう。なるほど、携帯ゲーム機市場を活かし、ゲームとしての面白さを作り出した上で、「家庭用」を目指す、任天堂らしい形だな、と。でも、テレビの座標検知や距離やヒネリの検出って、あの小さなリモコンでどうやってるんだろう。その辺はやはり、任天堂の技術を注ぎ込んだんだろうなぁ。
個人的に、PS3とX-BOXのスペック争いを横目に、ゲームの可能性を作ろうとする任天堂には感心する。伊達にゲーム業界に長く君臨してるわけじゃないなぁ、と。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。