Entry

「アルスラーン戦記」脱稿

とある作家秘書の日常: ついに『アルスラーン戦記』、脱稿!

あー、まだ一応続けてたんだ…。
えーっと手持ちのアルスラーン戦記によると、10巻は「平成11年12月1日 初版発行」となっている。うん、確か高校時代に本屋で新刊を見かけてビックリした記憶がある。何でビックリしたかと言えば、9巻が「平成4年7月20日」だから(笑)。平成4年って言ったら自分は小学生だよ。
中学生ぐらいの頃に兄の本棚から適当に物色して読み耽ってたなぁ…。ということは、「アルスラーン戦記」という作品を知ってから、今までに発売日をリアルタイムで体験したのは1回だけということになるな。ちなみに、「アルスラーン戦記」との初めての出会いはWOWOWのノンスクランブルか何かで放送してた劇場版アニメ(だっけ?)。何故か今でもハッキリ覚えてるなぁ。同時に「サイレントメビウス」が放送された事も。

個人的にこの作品は、「銀河英雄伝説」よりも好きなので、一応期待はしてる。
それにしても、さすがに6年ぐらい経ってしまっていると、色々忘れちゃってるねぇ。えーっと、確かアルスラーンと十三翼将というのがいて、この十三人というのは出揃ってなかったはず十六翼将だった(笑)。敵にヒルメスという、パルス王家の正統な嫡子がいて、何やら陰謀を巡らせているけど、いっつもナルサスの知略に撃退されてたような。あと、蛇王ザッハークとかいう名前の魔物だか何だかがいて、それがアルスラーンにちょっかいをかけている。確か、10巻の時点ではそんな感じだったような。もちろん細々とした国の関係とかは忘れた。あー、確か隣国に調子のいい王様がいたような。

とりあえず、11巻が出てから色々思い出す事にしよう。

そういえば「アルスラーン戦記」と言えば、昔日本ファルコムからPC-Engineで発売された「風の伝説ザナドゥ」は、角川から出てたアニメと、キャラクターとキャストが被りすぎという変な曰く付きの代物だったっけ。
例えば、
風:アリオス、ア:アルスラーン → 主人公、王様、山口勝平さん
風:ヌース、ア:ナルサス → 軍師、塩沢兼人さん
風:リュコス 、ア:ギーヴ → (盗賊)、ノリが軽い、矢尾一樹さん
こんな感じで。
あと、ダイモスとダリューン、メディアとファランギース辺りも該当。ファルコム側がわざとやったとしか思えないんだけど、結局これは何だったのかなぁ。今でもよく分かりません。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。