Entry

劇場版「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」

劇場版「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」を見てきた。夏休みだし、興行成績は好調らしいし、どうせ子供がいっぱいいるんだろうなーと思って映画館に入ったら、スッカスカでビックリした。確かに割り引き日でもない平日の昼間なんだけど、いくら何でもこれは…。まぁ、田舎ならこんなもんなのかもなぁ。

でまぁ実際に見た感想としては、意外なことに面白かった。
いやね、最近見たアニメ映画って「イノセンス」とか「ハウルの動く城」とか、エンタテイメント性よりも監督の作家性を前面に押し出したような臭いの強い作品ばかりだったし、現在放送中のボンズ制作アニメ「エウレカセブン」の脚本がアレだし、正直このの映画に関しても面白さに関しては全く期待してなかった。それでも見に行く気になったのは、アニメ板「鋼の錬金術師」が面白かった事と、オタの血がなせる業。
そんなスタンスで見に行ったところ、退屈せずに最後まで見られたもんだから、完全にアテが外れてしまった。

内容に関して細かくは触れないけど、アニメ板「鋼の錬金術師」の設定をきちんと踏襲した上で、キッチリ続編として丁寧に描いている感じで、非常に好印象。またストーリーも結構分かりやすく、見せ場も色々あって、エンタテイメントを重視した作りとなっているので楽しかった。
そういえば、何で第一次大戦後のドイツを舞台にしたのかなぁ、というのが疑問だったけど、民族主義という考えをストーリーやキャラクターの動機として使いたかったので、それを分かりやすく提示する手段としての意味合いだったのかな。それでも必然性はあまり感じなかったけど。あるいは、続編として使うつもりなのかも。
しかし、困った点が一つ。実はアニメ板「鋼の錬金術師」の最後の方に出てきた細々した設定を大分忘れてしまった(そもそも覚えきれなかった)ので、物語で事実が明かされたときに「…それって何だっけ?」と首を傾げることが多かった。これに関しては、映画の公式サイトを見ると結構あれこれ書かれているので、事前に予習していった方が良かったかも。そんなわけで、映画単体で見る代物ではないね、これ。導入部でに少しだけ解説が入るけど、映画単体で見る人は最初からついていけないだろうし、その辺はくどいので切り捨ててもよかった気がするな。
あと残念なのは、主要なキャラクターの何人かが結構あっさり死んでしまう事。何か使い捨てっぽくてあまり好きになれなかった。せめてもう少し、劇的な演出が欲しかった。あと、グラトニーはストーリーとして登場する必然性が無さ過ぎ。その他ご都合主義的な展開が少々。ただ個人的には、全体のストーリーの流れが結構しっかりしているので、多少の無理矢理な流れは目をつぶって許せる範囲。
ラストの締めはどうかなぁ。劇場版はシリーズ化させる予定があるみたいだけど、こんな締め方だと続編作る時大変じゃないのか。実際今回の内容には続編に繋げると思しき伏線がいくつもあったわけだし、実際続編を作る気はあるんだろう、多分。個人的には「逆」の方が良かったけどなぁ…。まぁ、コレはコレでアリだと思うけどね。

まぁそんなこんなで、多少の不満な点はありつつも、内容には結構満足。少なくとも、次回作があるならまた見に行きたい、と思わせるだけの魅力はあった。

「鋼の錬金術師」は、メディアミックス作品として大きく展開し、大成功を収めた希有な作品。以前「BS漫画夜話」で話が出てきたけど、コミック、アニメ、ゲームそれぞれで利益を上げてきたとのこと。米国でも漫画(グラフィックノベル)が大人気の様子(ULTIMO SPALPEENさんの2005年6月15日2005年7月16日、2005年7月22日などが参考になると思います)だし、聞くところによるとその他の地域でも人気は高いそうな(そういや以前、中国人だか韓国人だかが4期OPを実演したMADムービーが流れてたっけ(笑))。その上、映画でも利益を上げることになれば、必然的にドル箱作品としての地位を確立したことになる。
「鋼の錬金術師」に関しては、作品自体も割と良くできていると思うし、メディア展開に関してもイメージを重視して露骨なタイアップを避けようとしている印象があって(実際はどうか知らんけど、少なくとも「ガンダムSEED」よりは)、個人的に良いイメージを持っているので、メディアミックス展開の成功例として頑張ってもらいたいなぁ、と思ってる。
まぁ、この人気がどこまで続くのかは知らないけど。

追記

と思いついたこと。
アニメーションのレベルは、さすがにボンズだけあって高い。とりわけ冒頭の戦闘シーンは本当に目を見張る物がある。ただ、気になった事が一つ。…水飛沫の表現だけは何とかならないのかな?4期OPで、エドとアルが水に飛び込んだ時に上がる水飛沫と同じ物。白い靄みたいなテクスチャを貼り付けただけのような、しょぼい水飛沫…というか、4期OPの頃から気になってたけど、あれはとても水飛沫には見えない。本放送時は同時期に「モンキーターン」を放送してたもんだから、そのCGによる綺麗な水飛沫との比較で余計に気になっていた。
今回の劇場版でも改善が見られないところを見ると、ボンズとしてはアレでいいと思っているのだろうか…。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。