Entry

MASTERキートンって絶版になってたのか

人気マンガ「MASTERキートン」が絶版に至った理由。 Narinari.com

あの浦沢直樹の「MASTERキートン」が、原作者絡みのゴタゴタで絶版になっていたとか。知らなかった…。本屋で普通に「MONSTER」の横辺りに並んでいるものとばかり思い込んでたから。
事情を読むと、一度原作者の勝鹿北星氏と浦沢直樹の間で原作者の扱いに関する合意が行われていたにもかかわらず、横から「美味しんぼ」の原作者、雁屋哲氏がちょっかいをかけてきてゴタゴタしてるとか。…って、あの作品ってほとんど浦沢作品だったのか。原作者と名前が載ってるぐらいだから、勝鹿北星という人が話を考えているものとばかり思ってた。あれだけ世界の情勢・歴史・地理に詳しくて、それでいてあれだけ多彩な話を考えられるなんて、どんな人なんだろう、と。

しかし、そんなつまらん理由で絶版なんてもったいない。「MASTERキートン」は面白いし、本当に良い作品だと思いますよ、ええ。自分の中では、大学受験時に「BOOK OFF」で立ち読みして、その面白さに全巻買い揃えてしまった思い出深い作品。是非とも復刊を。
とりあえず、「MASTERキートン(浦沢 直樹 勝鹿 北星) 復刊リクエスト投票」に投票してきた。

参照

楽画喜堂

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。