Entry

創聖のアクエリオン 1話 「天翅の記憶」

テレビ東京 2005年4月4日(月) 25:00~

高いレベルの作画力とCG技術力をふんだんに使って、思いっきり馬鹿をやる技術力無駄づかいアニメ…という認識なんだけど、多分間違ってないと思う。というか、間違いない。

20050413_aquarion_1.jpgまず話の中心であるところの「合体」という設定自体に馬鹿な雰囲気が漂っている。いや、確かに最近「ガンダムSEED DESTINY」では合体という設定があるけれど、あっちはまだ設定等を真面目にやろうという意気込みが窺える。一方こちらはというと…まさか、「合体」に対して毛利元就の三本の矢の話を持ち出してくるとは思わなかったよ(笑)。さらに軽いエロ要素まで入れてくるとなると、これはもう馬鹿以外の何物でもないでしょう(笑)。それ以外にも、美学で上官に逆らう奴とか、サッカーユニフォームを着たキャラの炎のキックとか…。しかもそれを、物祖凄く高い水準の作画力でやってしまうのだから、どこまで本気で作品を作っているのやら…。いやまぁ、自分は好きなんだけどね。こういう思いっきり馬鹿をやるのは好きだし、製作者の意気込みが感じられるし。

20050413_aquarion_2.jpg1話の話は、ロボット物としては大変よかったと思う。主人公がロボットに乗り込んで、特別な力で敵を倒すまでを描く。主人公と、物語の中心となる「合体」するロボの見せ場をしっかり描いたことで、かなり掴みは良かったと感じられた。それに、主人公がロボットに乗り込む場面で流れる音楽は場面の雰囲気をよく盛り上げ、ロボット物らしい、かなり燃える展開が描かれていた。一万年と二千年前から愛してるー♪ 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなったー♪
ところで、今回主人公と一緒にいて、堕天翅族に取り込まれた(?)バロンなるキャラクターは、今後の伏線だろうか。それとも、主人公の特殊性を強調するためのキャラクターだろうか。それがちょっと気になったな。

まぁそんな感じで、1回目はなかなか面白いと感じたので、今後にも結構期待している。
ところで、ヒロインの声優はかかずゆみさんとのことだけど、こんなアニメで「気持ちいいー」等のエロ台詞やってて、これから演じるドラえもんのしずかちゃんの役に差し障りは無いのだろうか(笑)。週刊誌で持ち上げられたりとか…。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。