Entry

MSNメッセンジャー 7.0

ITmedia ライフスタイル:全画面ビデオ会話も可能なMSN Messenger 7の正式版が公開
「MSNメッセンジャー 7.0」正式版が公開、登録メンバ数も拡張

MSNメッセンジャーの7.0が出たとのことで、早速アップグレードしてみた。
起動してみて最初に、メンバリストのアイコンがやたらとでかくなっていて鬱陶しいことに気付いた。まぁその辺は解除できるのでさておいて、ざっといじってみて目についたのは、「ウインク」と「シェイク」なる機能。ウインクは、相手側にサウンド付きのアニメーションを表示させる機能、ウィンクは相手側の画面を揺らす機能…ということらしい。ああ、全っ然必要ない機能だな。
それから、他のメンバに公開するメッセージを表示する機能。これは結構有り難いな。このメッセージ自体はローカルに保存されるみたいだから、例えばデスクトップPCとノートPCの双方でメッセンジャーを使用しようと思った場合、どちらでメッセンジャーを使っているかを書いておけば、こちらの状況を伝えることができる。もっとも、今までも名前欄を利用することで実現できていたけどね。それから、このメッセージ機能がWindowsMediaPlayerと連携して、現在流している音楽のタイトルが表示できるとのこと。うん、機能としては面白いと思うけど、もし仮にそこに「熱血!!勇者ラムネス – 草尾 毅」とか表示されてたらどう思われるだろうか…。あと、ウェブに落ちてるエロ関連の音声とか(笑)。まぁ自分の場合、Windows Media Playerは基本的に使わないので、あまり関係は無い。
あとはソフトの何処が変わったのかよく分からんなぁ。もちろんGUIは色々変わってるけど、それぐらい。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。