Entry

MONSTER 42話 「超人シュタイナーの冒険」

20050223_monster.jpg
先週の話だけど、さっき見たので軽く感想。
今回の話は、原作で見ていても結構怖かった。グリマーが、全く通じない言葉の人間から執拗に追われているシーンも見ていて結構怖かったけど、爪を切る拷問のシーンは、そのやたらとえぐくて生々しい描写によって、原作で見るよりもずっと不気味に感じたなぁ。最後、グリマーが自分の手を見て「またやっちゃった…」というシーンも、得体の知れない不気味さみたいな物が、非常によく出ていたと思った。
今回のは本当、原作無しで見たかったなぁ。

あと、今回初めて気付いたこと。刑事がグリマーが鍵の存在を知っていると確信したのは、刑事がグリマーに「男達に何か要求されませんでした?」と聞いて、グリマーが「いいえ」と答えたからだったということ。つまり、その前に男達が鍵を要求していた事を隠した事で、グリマーが鍵について何かを知っていると判断したのか、と。
いやー、恥ずかしながら、原作読んでてこの辺の事を理解してなかったんで(笑)。改めてアニメで見て、目から鱗が落ちた。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。