Entry

砂ぼうず 16話 「カレーと、ライス」

“カレー”の搬送車が雨蜘蛛の一向に襲撃され、搬送車を奪われるも、それを撃退する話。

何かもう、とことん下品な話だったなぁ、と。いや、カレーがね、汚いなぁ…って(笑)。というか、設定上の観点からも、ストーリーや演出の観点からも、ここまでカレーに似つかわしくない物を、無理矢理カレーで押し通すのも凄い。これってある意味、放送事故なんじゃなかろうか。

汚いと言えば、前回から度々描写されていた、砂ぼうずと夏子の思い出が最後の最後で覆されたのが面白かった。いや、普通に美しい思い出で終わるとは最初から思ってなかったけど、砂ぼうずと夏子の冷え切った関係を見るに、双方にとってトラウマとなる出来事が起こったのかと思ってたら、ただ単に子供の頃から砂ぼうずが鬼畜で、夏子に一方的にトラウマを与えただけの話だったとは。便所爆破で”カレー”まみれは、あまりにも酷すぎる(笑)。

とまぁ今回もギャグオチではあったけど、笑い飛ばすにしては不穏な要素が多かったように感じる。とりわけ、オアシス政府が色々絡んできている事。この作品、どうもオアシス政府の実態が今ひとつ不明瞭なだけに、不気味さを感じてしまうなぁ。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。