Entry

砂ぼうず 15話 「兄弟と、幼なじみ」

砂ぼうずの幼なじみであり、オアシス政府の役職に就いている女、夏子とともに”カレー”を輸送する話。

公式サイトの15話のスタッフ話を見れば分かるけど、これ本当は「カレー」ではないそうで。つまり、カレーに似て非なる物…ということなんだと(笑)。
大体、設定上どう考えてもカレーのような食料は貴重品だし、汲み取り車で配給とか、そんな適当な運送をするわけがないんだけどね。「ライス無しなのに?」とか台詞が意味不明すぎる点も笑えた。DVDだと音声修正されるのかなぁ。音声1がオンエア版、音声2が差し替え版…とか(笑)。
内容自体は、前回、前々回と比べて少しパワーダウンしてる感じ。今回のように、砂ぼうずが何も考えずに相手の手に引っかかったり、相手を蹴散らす話も好きだけど、以前のような、脇役があれこれ悩む話の方が面白いなぁ。
今回は続き物で、なぜ”カレー”配給者が襲撃されたのかとか、何故襲撃メンバーに雨蜘蛛がいたのか(前回言ってた新しい仕事、ということなんだろうけど)とか、気になる点を残しつつ引いたので、純粋に先の展開が結構気になっている。でもどっちかと言えば、本来のストーリーをどういう婉曲な表現で「カレー」に修正していくのかの方が興味深い(笑)。

この作品、結構面白いので関東の地上波放送が埼玉放送だけってのはもったいなぁ。というか、U局に置いておく事自体が惜しい。

あと、今回も適当に絵を。

20050129_sunabouzu.jpg


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。