Entry

神を信じる人間がそんなにいるのか

ITmediaニュース:スマトラ沖津波は神がもたらした――米国人の4分の1が信じ、日本人は信じない

全世界の回答者のうち、津波が神の行為であるとする回答は16%だった。国別に見ると、ロシアが27%、米国が26%、韓国が15%となっている。マレーシアでは半数が神の行為だと信じており、津波のあとで神に対する信仰が深まったと回答している。

調査結果のグラフはこれかな?

エントリーのタイトルからして少々煽り気味だけど、自然災害を宗教として捉える人間がそれだけいるという事がちょっと意外。先進国の米国ですら、26%もいることに驚かされる。
逆にヨーロッパは値が日本と同様低くなっている。記事中ではキリスト教が強調されているけど、この結果を見るとキリスト教と一括りで述べるのは、無理があるような。カトリックの名前が出されているけど、(確か)カトリック国のフランスは低い。むしろ、地域的な視点で見ていった方がしっくりくる。
日本の隣、韓国が15%、中国が16%と高くなっているけど、あの辺って仏教国だったっけ?日本と違って、宗教が大きく関わってるんだなぁ。いや、むしろこの場合日本が特殊なのか?日本は、宗教は信じるものではなくて、祭のネタか店のキャンペーン程度にしか考えられてない風潮があるから…。

まぁ自分の場合は、地震の原因はアンゴル・モアとその父親だと考えているわけですが。

20050120_keroro.jpg

いや、本当に不謹慎ですいません…。

ちなみに、本当のスマトラ沖地震の原因は、プレート境界によるものだそうで。
そういえば、今日ニュースで死者が20万人を越えたと聞いた。未曾有の大災害と言っても過言ではないぐらいの規模である事を、嫌が応にも実感させられる。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。