Entry

モンキーターンV 24話

20041215_monkey.jpg
プレッシャーによって大きなミスをする洞口とは対照的に、今度は波多野が運を引き寄せるように、気温の低下によってモーターとペラが噛み合い、賞金王トライアル第3戦で1着を取る。その結果、波多野も何とか優勝戦出場を果たすことができた…という話。

原作だと、ここで波多野は得点が足らず優勝戦には出場してない。今回アニメでは潮崎が同点だったが、1着を一つ取った波多野が優先された、とのこと。うーん、そうなると潮崎のポストは完全に当て馬じゃないか?何とも可哀想に…プッ。しかし、Vモンキーを蒲生が破ったときは偉そうなこと言っておきながら、結局勝負は無しってのは、ちょっと肩すかしを食らった感じだ。それで、優勝戦の残りの二人は誰だろう?無名選手出すぐらいなら、多少なりとも名前が出たキャラクターを出してほしかったところだ。
それから、最終回に向けて青島とか河野とか純とか、その辺のサブキャラクターの描写を入れて、もう少しドラマを盛り上げてもらいたい。つまり、せっかく1年をかけて色んなキャラクターのドラマを描いてきたので、それらのキャラクターをそれぞれの立場から喋らせてほしい、と。最終回だけぽっと出てこられてしまうと、その辺りの重みがやや少なく感じられてしまうのではないかと思う。せめて、波多野が洞口に向かって挑む姿勢を、洞口に負けた青島に喋らせてほしかった。
原作と異なる最終回に向けている割には、今回原作をほぼそのままなぞっている展開に少々不安はつのったけど、ここまで非常に面白い作品だっただけに、来週の最終回放送には是非とも期待したい。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。