Entry

無人惑星サヴァイヴ 52話

20041101_survive.jpg
なんか最近、アニメ感想書くのが後回しになってしまってるな…。

最終回。
結局1年見てしまったけど、正直序盤のサバイバルでいざこざを起こしている話の方が面白かった。その後、アダム登場の辺りまでは良かったのだけど、その後大陸に乗り込んでからがあまりいただけない。結局、「何らかの力」ことナノマシーンという便利能力のおかげで何でもありになってしまい、緊張感とか謎とかそういう面白さの要因となるべき要素が形骸化してしまった感じがする。あと、それに加えてカオルの超人的肉体能力も(笑)。最後の展開も、ルナの能力が一人歩きしてしまい、無理矢理な展開でやや萎え気味。あと、メノリがアダムにバイオリンを渡すシーン、アダムがメノリのバイオリンに触って怒られた話に引っかけてるんだろうけど、あれって半年ぐらい前の話じゃなかったっけ?そんな長い間眠らせてたエピソードを、今頃持ち出されても困る。それから、地球に帰る帰らないで一悶着あったのに、最後にアダム仲間の船が到着して万事解決、というのもあっさりしすぎ。もう少し色々あった方が良かったなぁ。
…などなど、あれこれ言いたい事はあったけど、作品として通してみれば結構良かったかな、と。大まかな流れは
無人の惑星に流れる→地球には無い自然が!→自然の中で生活→宇宙人がいた→宇宙人がいなくなったのは環境破壊のせいらしい→この星の自然を守らなきゃ→重力嵐に立ち向かう
という感じでいいと思うけど、この流れ自体は悪くない。むしろ近年には珍しく、視聴者への媚びが少なくて、個人的には好印象。ただ、その描き方に少し強引な点があったのがいただけない。それに、最後は超技術合戦みたいになって、初期の頃の仲間で協力してサバイバルをしていた地味な良さがあまり感じられなくなってしまった点が残念。そういった点をもう少し丁寧に作っていたら、結構良い作品になったと思うけどね。

まぁ何はともあれこのアニメに携わった方々、1年間お疲れ様でした。近年では珍しい作品で、後半はともかく前半は結構楽しめました。またいつかこういう作品を期待しています。

ところで、最後シャアラが惑星にサヴァイヴと名付けていたけど、まさか予想が当たるとは思わなかった(笑)。まぁ、これを予想したのは全国で100人以上はいそうな気がするけど。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。