Entry

The Sims 2

4Gamer.net:ザ・シムズ2 - 松本隆一の「幸せ家族計画」 の連載を読んでいくと、この「The Sims」というゲームは本当に物凄い緻密に作られた人生シミュレーションなんだなぁ、ということがよく分かる。前作、「The Sims」こと「Sim People」も結構良くできたゲームだったけど、今作では前作に無かった要素、例えば老化や育児などといった、様々な点が追加されたことで、相当に緻密なゲームとなっている模様。また、The Simをコントロールする–ウィル・ライト、新作を語る – CNET Japanを読むと、心理学の要素も取り入れられたり、行動の積み重ねや周囲の環境の影響などといった多くの因果関係が存在するいった要素もあるとか。

まだ遊んでない(遊べる環境が無い)し、文面で内容を知る事しかできないので実際どの程度なのかは分からないけど、ここまで行くと、「ゲーム」ではない「シミュレーション」と言ってしまっても差し支えないように思えるけどな…。それでもこれが「ゲーム」として存在しているのは、その複雑な要素を、分かりやすいインターフェースによって操作しやすくしていることにあるんだろうな、と思う。前作をプレイしていて思ったけど、内容の複雑さ、自由度の高さの割に操作はマウス一つで比較的簡単に行えるため、ゲームをプレイする上で操作であまり困った事はなかった。前作が「世界一売れた」のも、多分その辺に要因があると思う。恐らく、今回にもそれは受け継がれていると考えられる。
まぁそれはさておき、このゲームは是非とも遊んでおきたいな、と。

ちなみにこのゲームをデザインしたウィル・ライト氏は、名前を知らなくても「シムシティ」を作った人、と言えば分かる人も多いはず。「シムシティ」を作った昔から、「The Sims2」を作った現在に至るまで、先鋭的なデザインのゲームを提供してくるそのセンスには感心する。
自分はゲーム制作者の名前はあまり知らないけど、このウィル・ライト氏と、「ウルティマ」シリーズを生み出してきたロード・ブリティッシュことリチャード・ギャリオット氏のゲームデザイナーとしての能力は、素直に凄いと思っている。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。