Entry

Petite Princess Yucie

「ぷちぷり*ユーシィ」の米盤DVD。
http://www.animeondvd.com/reviews2/disc_reviews/3515.php
タイトルは「Petite Princess Yucie」で、販売はADV Films

別に取り立てて珍しい事例というわけでもないけど、個人的にこの作品が非常に気に入っているので、何となく取り上げてみる。
この作品、今のところBSでしか放映されてないので知名度が今ひとつ…。もっとも、GAINAX作品だし、プリンセスメーカーを基にしているので、それほど知られていないというわけでもないだろうけど。しかし、DVD屋で初回盤の在庫が余っている惨状を見るに、それでもDVDはあまり売れていないんだろうな、ということは容易に想像できる。値段も比較的安くて良作なんだけどねぇ…。やはりBSは弱し、地上波は強し、か。
まぁそんな日本でさほどの実績が無い作品でも、米国では売り物になるんだな、と。それどころか、どマイナーなOVAすら購入する人もいるわけで…。米国では日本のメジャー/マイナーはあまり関係ないということなんだろうか。ほとんどの作品が、横並びでよーいドンで売られているのかなぁ。
しかし、いくら何でも日本アニメだからといって何でも気にせずホイホイ購入する層の人間がそれほどいるとは思えない。米国のアニメ好きがDVDを購入する際、どういう動機(テレビ放映、宣伝、絵、制作会社、日本での評判、ファンサブ…etc)が主流としてあるんだろうか。米国における、その辺の購入層の流れが、どうもよく分からないなぁ。
レンタル店に置かれるのだろうか、とも思ったけど、米国のレンタル店が日本の店以上にアニメDVDを置いているとも思えないしな…。

まぁそんなことはともかく、ぷちぷり*ユーシィの地上波再放送を求む。

追記

ぁ、もしかしてそのうちADV Filmsのページで、英語音声のプロモーションムービーが視聴できるようになるのかな。それは是非聞いてみたい気がする。怖い物見たさで(笑)。

10月9日 18:09 追記

ULTIMO SPALPEENさんのDAILY WAFFLE10月8日によりますと、Anime News Network
が2003年2月2日に行った調査で、好きなアニメ制作会社の一位にGAINAXがランクインしているそうです。
なるほど、エヴァンゲリオンの効果は絶大なんですね…。作品別のランキングで、フリクリが上位にあるところを見ると、一概にそれだけとも言えない様子ですが。
ぷちぷり*ユーシィが米国で発売されるのは、その辺りのGAINAXファンをある程度見込んだ上でのことなのかもしれないですね。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。