Entry

モンキーターンV 8話

20040822_monkey.jpg
気付いたら先週のモンキーターンから全然アニメ感想書いてないじゃないか。いや、特に飽きたとかそういうわけではなく、後回しにしてたらいつの間にか書くの忘れてた、というパターン。

丸亀競艇場(香川県)で、波多野が蒲生と対戦する話。
相変わらずレースの展開は燃えるなー。単純に見せ方が上手いというのもあるけど、主人公の波多野が、特別な技能(今回はターンスピード)をもって相手に差し迫る様は、(この作品の場合は多少地味ながらも)少年漫画的な面白さもある。
ただそれだけに、レースの一番良いところでぶった切られたのは非常に不満。何もあんな所で引かなくても…。以前も、最初のダービー(だっけ?)で波多野が榎木に迫った際に同様に良いところで切られたけど、あれも不満だった。レースの途中で切るというのは、来週に面白さを引かせるメリットよりも、興奮に水を差して白けさせるデメリットの方が大きいように思える。なので、レースの最後まで引っ張ってほしかったところ。

ところで、最後の「次回も見てね」のありさは一体何なんだ(笑)。あのありさが着てたぬいぐるみは、丸亀競艇場のマスコット、スマイル君というキャラクターらしい。いや、そんなところでマスコットをアピールしても、説明されなきゃ誰も分からんよ(笑)。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。