Entry

無人惑星サヴァイヴ 42話

20040812_survive.jpgサブ・テラフォーミングマシンの中で、この惑星ではかつて人類が栄えていたが、テラフォーミングマシンによって全滅させられた、という歴史を知らされる話。

うーん、いよいよ教育的なNHKアニメっぽくなってきたぞ(笑)。
でもまぁ、NHKアニメはこういう方向性で構わないと思うし、個人的にはむしろ下手に奇をてらってほしくはないな。そういえば、最初の方でも地球の環境破壊について触れられてきたし、ルナの記憶とか初期の食物の話とかでも自然云々の話は出てきたことを考えると、作中のテーマはきちんと一貫して作られているんだなぁ、と感じる
今回でタイトルの「サヴァイヴ」がテラフォーミングマシンのメインコンピューターの名前と判別したけど、自分はまたてっきりシャアラが付けた名前かと。ほら、最終回あたりでで「あの惑星の名前、サヴァイヴなんてどうかしら」とか言って締めるのかなぁ、とか(笑)。そいういえば、今回の話を見ると『「無人」惑星サヴァイヴ』というタイトルは、なかなか含みのあるタイトルだと感じるなぁ。
チャコがいきなりハードウェア、OSともに全く異なる環境のソフトを難なくコピーして、それを使えるようにしてしまったのは点は…、まぁどうでもいいか(笑)。チャコの内部に、回路図を解析してそれをエミュレートできる機能があるとでも思っておこう。
それにしても、カオルは何者ですか?前回の異様な跳躍力といい、今回の三角ジャンプといい、身体能力が明らかに人間離れしておりますが(笑)。周りも何か言ってやれ。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。