Entry

2004-07-19

2004/7/19 (月)

セレクタ

CSSで、スタイルを適用する対象要素を指定するためにはセレクタを用いる。
自分がよく用いるのは、要素を直接指定する「タイプセレクタ」(例えば h1{color: #000;}など)や、要素にclass属性やID属性を指定して、それを使う「クラスセレクタ」「IDセレクタ」(例えばクラスセレクタなら、div.section {margin: 0; padding: 0;}など)で、実際それらが多く用いられると思うけど、それ以外にも結構種類があり、それらをあまり把握してないので少し復習。

CSSセレクタ – SaruPuki
セレクタ – CSS2 リファレンス
セレクタ – CSS Dencitie

…結構色々種類があるな。それに、class属性に複数の属性値を持たせられるなんて初めて知った。

ただ、こんなことを知ったとしてもInternet Explorerが対応してくれないことには如何ともし難いのだけど。せめて子セレクタ、隣接セレクタ、属性セレクタぐらいは対応してほしいところだ。
例えば属性セレクタが使えれば、
input[type=”button”] {
background-color: #fff;
border: #000 1px dotted;
}
といった感じで、ボタン全部にスタイルを指定するなんてこともできるわけで(mozillaでは有効)、スタイルが設定しやすくなるのにな…。

22:09

この3日間

ちょっとした用事以外で外に一歩も出ずにずっとPC向かってた。ダメ人間生活…。

20:36

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。