Entry

2004-06-29

2004/6/29 (火)

ケロロ軍曹

相変わらずパロディ満載だけど、ガンダムネタが多いのでガンダムにあまり愛着のない自分には、ガンダムネタはそれなりに笑いの種になりこそすれ、爆笑とまではいかなかった(一応ネタはそれなりに分かるのだけど)。
ただ、今回の「左手はそえるだけ…」は激しくツボに入ってしまった(笑)。まさかそれだけのために声優として草尾毅を起用したのか!?…どうせなら次は「俺は今猛烈に熱血してる!」辺りを希望したい(笑)。

どうでもいいけど、自分の中で小雪の声の人はカレイドスターのそらのイメージが固まりすぎて、どう聴いてもそらが喋ってるように感じてしまう…。

20:30

美鳥の日々

最終回を迎えたので、簡単に感想でも。

何も考えず楽しめる作品(別に貶してるわけじゃなくて、複雑な設定等が特に無い、といった意味)としては、非常に良質な物であると思った。
毎話テンポ良く話が進むので、普通のギャグアニメとしても楽しめたし、その中でもきちんと美鳥の心の動きを丁寧に描いてきて、最終回に繋げた全体の流れも良くできていた。原作が完結していないということで、最後はどうなるかと思ったけど、「体に戻ったら記憶が無い」という原作の設定をそのまま踏襲した上で、きちんと締めてきたのには感心した。無難で手堅く終わらせた、とも感じるけど、最終回で台無しにする原作クラッシャーが多い中、貴重な作品だと思うよ…。
でも。右手から本体に戻ったときに弱気な自分を克服できた、という流れは、「本体の頃の美鳥が弱気だった」印象が少ないので、感動させるには押しが弱い感じがする。それに、記憶が無くなっているので右手の美鳥と本体の美鳥との繋がりが弱く、美鳥が正治に告白する動機が少し強引な印象を受けた。個人的には、日記を手がかりに美鳥の記憶が戻るという流れでも良かったと思うんだけどね。
まぁその辺は原作にでも期待しよう。これはこれで別に悪いとは思わないし。

しかしこの作品、原作はもう少し色々なキャラが出てきて結構長く続いているため、UHF系局のアニメにありがちな2部3部といった感じで続けていくものとばかり思ってたのに(実際続けようと思えばいくらでも続けられそうだ)、13話できっちり終わらせてきたのは意外だったなぁ。週刊少年漫画誌連載で知名度もそれなりにあるだけに、なおさら。「モンキーターン」も原作を相当に端折ってるし、サンデー作品は、「コナン」「犬夜叉」「ガッシュ」みたいに重宝される作品と、リソースを思い切りよく消費する作品の差が激しいな…。でもその分、原作の美味しい部分だけを抽出できるだけに、良質なものが作できる可能性が高いのかも?あぁ、でもDAND(略)

19:12

モンキーターンのアメリカ販売について

特にあれこれ書きたいわけでも無いけど、気になったのでちょっと。

ULTIMO SPALPEENさんのDAILY WAFFLE~日々雑感の6月23日を見ると、モンキーターンのアメリカ販売のライセンス契約が結ばれたそうで。そういえば以前、Ask John ふぁんくらぶさんの「深夜枠ANIMEの多くが米国では発売されていないのはどうしてでしょうか」の項に、米国で発売されているアニメの中に「モンキーターン」が入ってたのを見て、何かの間違いではないのかと勘ぐってたけど、正しかったのか…。

自分はあまり多くの海外サイトを知っているわけではないし、そんなに読んでもいないのだけど(英語弱いし!)、海外フォーラムに名前が全く挙がらない、レビューサイトにもさっぱりレビューが付かない、といった現状を見る限りでは、モンキーターンは海外のファンサブ界からはほとんど放置された作品になっていることは想像に難くない。確かに競艇は独特な競技だし、最初はCGもヘボかったしね…。
そんな作品をライセンスして、本当にメリットはあるんだろうか?ファンサブからも見放され、(主観で考えると)普通のアニメ好きが見たがるともあまり思えない。
一体どんな購買層を想定して、どれだけの売り上げを見込んでいるのか…。

余談だけど、一度くらい米版アニメDVDというものを買ってみたいなぁと思う。画質はあまり良くないと聞くけど、英語音声がどんな物なのか、是非とも聴いてみたいので(笑)。

01:33

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。