Entry

2004-06-14

2004/6/14 (月)

Yahoo!オークションで肖像権侵害対策、タレントの生写真など削除速やかに

社団法人日本音楽事業者協会とYahooが、Yahoo!オークションにおけるタレントの肖像権侵害を撲滅するために、権利者に無断で出品されるタレントの生写真などの削除体制を強化すると発表した、という記事。

うーん…、「肖像権の侵害撲滅」を掲げておきながら、タレント限定というのも妙な話だ。とは言っても、個人の肖像権なんて確認の取りようが無いだろうし、たとえYahoo!が肖像権侵害を訴えるための個人窓口を開設したとしても、本人確認するための手続きは大変そうだし、何とも言えないけど…。
ただ、このことについて一つ気になることが。

対象となる出品物は、コンサートやサイン会などのイベントで無断撮影された写真、プライベート写真、マスコミやプロモーション用などの素材が流出したもの、写真集などから複製したものなど。

となっているけど、例えば写真集の傷や保存状態を示すためにスキャンして掲載する、というのもアウトになるのかな。タレントが映っているCDのジャケットをスキャンしたものとかも対象だろうか。
あぁでも、立体的なものを平面的なものにどう表現するかという点に創作性が認められる場合は撮影者の著作物として認められるんだっけ。じゃあ、写真集などを少し離れた場所から「冊子として」撮影すればいいのか。あぁ、いやでも肖像権は消えないのか?何かその辺の法律やら線引きがよく分からんです。

追記
あぁ、何か勘違いしてた。この場合、出品物限定か。

23:57

しぶしぶのオタ日記

このようなサイトにリンクしていただいてありがとうございます。こちらからもリンクさせていただきました。ちょっと報告が遅くなってしまいましたが、どうぞよろしくお願いします。

それにしても、PC-FXって…。まだあるところにはあるんですねぇ(笑)。

01:05

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。