Entry

2004-05-02

2004/5/2 (日)

モンキーターン 17話

SG初出場にして優勝戦進出を果たした波多野が、艇王・榎木と対戦する話。

今回はレースシーンがやばいぐらい面白かった。というか、滅茶苦茶燃えた。前回も結構燃えたけど、今回のは相当な物だったと思う。しかし、あんなレースで最高潮に盛り上がっている途中で切らなくても…。
原作を見事な演出で凄まじい迫力を持たせて仕上げた作品は「はじめの一歩」が思いつく。この作品があそこまで凄いと言えるかどうかは微妙だけど、かなりいい線行ってるように思える。あと、今回の波多野の0秒スタートとか鋭いターンとか、主人公の持ち技を見せる演出が上手かった点も、面白く感じられた要因かなぁ。
ただ、惜しむらくはこの作品、専門用語というか業界用語みたいな物が妙に多くて、途中参加お断りな雰囲気が結構強いんだよね…。

20:17

ケンゾー・テンマ

原作のほとんどのコマで眉にシワがよってる主人公ってのもいかがなものか。

それはさておき、MONSTERのアニメは丁寧に原作をなぞってるけど、丁寧になぞりすぎな気がしないでもない。全く文句は無いけど、それ以上にならないのでちと物足りない印象がある。まぁ、元々そんなに動きのある作品じゃないし、そこまで要求するのは酷な話か…。

19:18


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。