Entry

2004-04-25

2004/4/25 (日)

星野九太郎

…のコミック版のつもり。
まぁ、何となく。

ごめん、あんまし似てねーや。

21:30

昔の自分を振り返ると…

もう一つ個人的な話。

今日来た兄の彼女の人が、兄の昔の写真を見たがっていたので見せたのだけど、その中に当然自分の写真もあるわけで。んで、その中の中学校時代の自分の写真を見たところ、(自分の事をあれこれ言うのも嫌な感じだけど)面構えがずいぶん凛々しくて爽やかスポーツマンっぽい印象だったのよ(当時バレーボール部)。
あー、自分にもこんな輝いていた時期があったんだなぁ…と。ハッキリ言って昔の自分に全く勝てる気がしないぞ。

…どうするよ、自分…。

20:00

兄が帰って

個人的な話。

昨日書いた通り、今日の正午ぐらいに兄とその彼女の人が来て、少し前に帰った。ずいぶんあっさり帰ったけど、まぁ明日は平日だし、しょうがないか。
何と言うか、プラネテスのコミックのPHASE16「ハチマキ」に描いてあったような感じだなぁ…と。こんな時にそんな事しか頭に無いのか!?などと突っ込まれそうだけど、実際そう思ってしまったのだからしょうがない。来るまではあまり何とも思ってなかったけど、実際目の前で遭遇してしまうと、何だか一抹の寂しさがありますな。ちなみに、その彼女の人は綺麗だったし、性格も真面目そうだった。兄貴、アンタ人生の勝ち組だよ…(笑)。
自分と兄は3年半ほどの年齢差があるけれど、あと3年半後になっても自分が同じ立場になれるとは到底思えんなぁ。それどころか5年、10年先になったところでなれるかどうかも怪しいもんだ…。

まぁ何はともあれ「おめでとう」と言っておこう。

19:37

100円電池 VS メーカー電池

100円ショップのアルカリ電池とメーカー製のアルカリ電池の比較実験。結果、100円の電池はメーカー電池に見劣りするものではない、という話。

これは意外。100円ショップの電池も結構使えるもんだな。
ただこの実験、おもちゃの電車を走らせ続けるという実験なので蓄電量が同等ということは分かるけど、電圧低下の早さとか、長時間放置し続けたときの放電量などが分からない。電圧低下が早ければ大きな電圧が必要な機器、例えばデジカメには使えないし、放置したときの放電が大きければ、たまにしか利用しない機器、例えば懐中電灯や玩具にはちょっともったいない。連続的、あるいは頻繁に利用して電圧を食わない機器…時計とかリモコンとかには問題ないだろうけど、それじゃあマンガン電池でもいいわけで。いや、ゲームボーイアドバンス等が動く分、マンガン電池よりもいい事は確かだけど(笑)。

いや、もしかしたら100円電池でも意外とその辺のスペックもメーカーとタメを張れるかもしれないけどね。ただ、これだけのデータでは何とも言えないな、と。

愚者の戯言
00:55

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。